ようこそ! 血液の話Q&A〜一滴の血液があなたを救う〜 へ!!

臨床検査技師のどれみです。臨床検査技師として10年間。がんセンターの血液検査室に勤務。また、2年半に渡って生活習慣病や脳梗塞で寝たきりの父の在宅介護をしてきました。
それらの経験によって得た知識からお答えする、ちょっとためになる、知ってて良かった!「血液の話Q&A」

血液の不思議。mcv、mchなど血液検査の略号の解説。生活習慣病の予防法など、あなたやあなたのご家族の健康と健康維持のために、お役立てください。

★☆★無料レポート 進呈中!!★☆★

1.血液検査表の正しい使い方〜基準値の落とし穴〜
2.はやわかり!血液検査表の略号一覧
3.知っていたら 安心!!検査を受けるときの心構えとこれだけは守って欲しいこと!

こちらからご請求ください

血液検査表に隠された、とんでもない秘密を知っているか?
血液健康法を知らないと、どんな名医もあなたを救えない!!


血液の話Q&Aに関することをキーワードで探す


血液の話Q&Aの項目一覧


サイトマップ(カテゴリー別)から記事を選ぶならこちら

血液の話Q&Aの新着記事(10件)

インフルエンザの症状の特徴と潜伏期間

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因の急な発熱を特徴とする呼吸器感染症で、潜伏期間が1〜3日と短く、38度以上の高熱など突然、症状が出るのが特徴です。

血圧を下げるマッサージ方法

マッサージで血圧を下げる方法の効果を、ためしてガッテンで検証。血圧を下げるマッサージ法のやり方を紹介。

自覚症状がない狭心症は危険!

自覚症状のない狭心症は無症候性心筋虚血です。無症候性心筋虚血の原因、診断について。

狭心症の症状の特徴

狭心症の症状の特徴と、全身症状、狭心症の種類、発作の持続時間、頻度などについて解説しています。

労作狭心症と安静狭心症の特徴

狭心症は、どんな時に痛みができるかで、労作狭心症と安静狭心症の2つに分けられる。労作狭心症と安静狭心症の特徴について。

糖尿病の診断基準が新しくなりました

新しい糖尿病の診断基準が改定され、HbA1Cが糖尿病の診断基準に加わりました。

血圧の正常値 年齢別の傾向

血圧の正常値として年齢別の傾向を紹介。年齢が高くなるほと高血圧の人が多くなります。

血流をアップさせる食品を食べてダイエット

血流をアップする食べ物を食べると、老廃物が排出され、体質改善されて痩せやすい体になる。

血流改善で痩せやすい身体に!

血流が悪くなると体が冷える、血流を改善して脂肪燃焼を活発にして痩せやすい身体に!!

下肢静脈瘤の予防法!脚のむくみを解消

脚のむくみはリンパの流れが良くない状態。むくみを解消して下肢静脈瘤を予防。


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.