AFP (肝臓がんのマーカー)

AFP (肝臓がんのマーカー)の基準値、異常値で疑われる病気、日常生活での注意点について紹介します。

スポンサードリンク


AFP (肝臓がんのマーカー)について


AFP(肝臓がんのマーカー)の基準値

(−)

AFP(肝臓がんのマーカー)の異常値で疑われる病気

原発性肝癌
肝炎
肝硬変など


AFP(肝臓がんのマーカー)の基礎知識

AFP(α−フェトプロテイン)は、もともと妊娠早期の胎児にみられる血清蛋白の一種。

健康な成人の血液に含まれず、原発性肝癌の患者の95%の血液に含まれるため、肝癌の腫瘍マーカーとして用いられています。

AFPは、肝炎や肝硬変でも測定値が上昇します。

そのため、肝癌をはじめ、肝臓病の早期発見、診断、病状の経過観察などに役立っています。


日常生活での注意点

AFPの値は、急性肝炎や肝硬変の治癒期にも、上昇する事があります。従って、これだけで判断することはありません。

その他の肝機能検査や、B型肝炎ウイルス検査などを行って肝臓の病態を調べ、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌などを診断します。

腹部超音波検査やCT検査など、画像診断装置でさらに詳しい検査を行います。

特に、超音波検査では、得られる情報が多く、肝機能に異常がある場合には欠かせない検査です。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.