CEA (消化器がんのマーカー)

CEAは消化器がんの腫瘍マーカーとしてスクリーニング検査に用いられる検査です。CEAは癌の手術や治療後の癌の再発・転移などの経過にも使われています。基準値、異常値で疑われる病気について。

スポンサードリンク


CEA(消化器がんのマーカー)の基準値


  5.0 ng/ml 以下

CEA(消化器がんのマーカー)の異常値で疑われる病気


結腸癌
胃癌
膵癌
甲状腺癌
肺癌


CEA(消化器がんのマーカー)の基礎知識


CEAは、もともと胎児の消化器組織だけにみられる蛋白の一種。

消化器系の癌患者の血液に多いことから、これらのスクリーニング検査に用いられる。

癌の手術や治療後の癌の再発・転移などの発見にも役立っています。


日常生活での注意点


CEAが中等度以上高値の時は、消化器系を中心とした病気診断のための検査を受ける必要があります。

消化管では、注腸X線検査、大腸内視鏡検査、胃透視X線検査、胃内視鏡検査。

肝臓、胆のう、膵臓関係では、腹部超音波検査、CT検査を行います。

これらの検査で異常がない場合は、肺、甲状腺、乳腺、卵巣、子宮など、全身の検査が行われます。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.