CA19−9(消化器腫瘍マーカー)正常値

CA19−9(消化器腫瘍マーカー)の正常値、異常値、高値で疑われる病気について

スポンサードリンク



CA19−9(消化器腫瘍マーカー)の正常値


37 U/ml 以下

CA19−9(消化器腫瘍マーカー)の高値で疑われる病気


膵癌
胆のう癌
胆管癌
胃癌
大腸癌


CA19−9(消化器腫瘍マーカー)の基礎知識


膵癌や胆のう・胆管癌などの消化器系癌におかされると、患者の血清中にCA19−9と呼ばれる物質が著しく増加します。

そのため、CA19−9は、消化器癌の血清腫瘍マーカーとして広く用いられており、とくに膵癌の診断に役立っています。


日常生活での注意点


まず消化器系を中心とした検査が必要です。

肝機能検査や膵臓系の酵素などを組み合わせて検査している事が多いので、それらの結果を組み合わせてどこの病気か推測します。

次に、腹部超音波検査や、CT検査を行い、さらに内視鏡を用いた膵管・胆管造影検査、上部消化管や大腸関係の検査も行い、詳しい診断をします。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.