免疫グロブリンE[IgE][RIST、RAST}

免疫グロブリンE(IgE)はアトピー性疾患、気管支喘息のアレルギーを起こしている物質(アレルゲン)の検索には欠かせない検査。

スポンサードリンク


免疫グロブリンE IgE [RIST、RAST]

免疫グロブリンE IgE 基準値


RIST 170IU/mL以下

RAST 0.34PRU/mL以下

免疫グロブリンE IgE  異常値で疑われる病気


アトピー性疾患、気管支喘息で高値を示すことが多い。

この他特殊な疾患だが、IgE型骨髄腫、寄生虫疾患、原発性免疫不全症候群、木村病、Hodgkin病などの診断に利用される


免疫グロブリンE IgE の基礎知識


IgE に対する特異抗体を用いて血清中に存在するIgEの総量を測定するのがRISTであり、アレルギーの原因となる抗原(アレルゲン)に対する特異なIgE量を測定するのがRASTです。

アレルゲン特異的なIgE抗体は、肥満細胞や好塩基球に付着している。

アレルゲンが体内に侵入すると、これらの細胞(肥満細胞や好塩基球)の上で抗原・抗体反応が生じ、その結果、ヒスタミンやSRS-Aなどのアレルギー反応誘起化学伝達物質が細胞から放出され、T型(即時型)アレルギーが発症する。

アトピー性疾患、気管支喘息のアレルギーを起こしている物質(アレルゲン)の検索には欠かせない検査である。

スギ、HD などを初めいろいろな花粉症をおこす吸入性抗原および皮膚炎の原因になる食事性アレルゲンが明らかに出来る検査として臨床的に有用。

したがってアレルギー性疾患では、RISTで IgE総量を測定するとともに、RASTでアレルゲンの検索同定を行うことが重要である。

疾患活動性や治療効果の評価にも有用。アレルギー性疾患が認められなくてIgE値が高い場合は、寄生虫疾患や他の疾患の検索を行う。

日常生活での注意点


アレルギー性疾患においては血中IgE値の季節性の変動があるので、その増減の判定には注意を要します。

また血清IgE値が正常でも、抗原特異的IgE抗体が証明されることがあります。減感作療法で体質改善をすることをお勧めします。減感作療法を行う前に必須の検査ともいえます

★★★★
★★★★
★★★★★
★★★★★


,



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.