中性脂肪(TG・トリグリセリド)とは?

中性脂肪(トリグリセライド)とは、食事中の脂肪が腸で吸収され血液中にとり入れられたものと、いったん肝臓に取り込まれた脂肪が、再び血液中に分泌されたものです。

スポンサードリンク



中性脂肪(TG・トリグリセリド)の基準値


基準値 50〜149mg/dL


中性脂肪(TG・トリグリセリド)の異常値で疑われる病気


【高値の場合】

高脂血症
糖尿病
肥満症
動脈硬化症
脂肪肝

【低値の場合】

甲状腺機能亢進症


中性脂肪(TG・トリグリセリド)の基礎知識


中性脂肪(トリグリセライド)は、食事中の脂肪が腸で吸収され血液中にとり入れられたもの(外因性トリグリセリド)と、いったん肝臓に取り込まれた脂肪が、再び血液中に分泌されたもの(内因性トリグリセリド、主に超低比重リポ蛋白:VLDLとして存在する)の両者から構成されています。


検査は通常空腹時に行うので、後者を測ることになります。


血中の中性脂肪が高くなると、動脈硬化を引き起こす、膵炎を引き起こすの2つの危険があります。


血中の中性脂肪が高くなる病気には、次のものがあります。


原発性高脂血症:

 遺伝や生まれつきの異常によるもので、家族に多くみられます。


二次性高脂血症:

 食事(アルコール、糖分や脂質のとりすぎなど)によるものと、他の病気(内分泌の病気、糖尿病、肝臓病、ネフローゼ、貧血、骨髄腫など)によるものがあります。とくに食事によるものが重要です。


血中の中性脂肪が低い低中性脂肪血症の原因も 原発性の生まれつきの異常 、二次性の他の病気(肝臓病、甲状腺機能亢進症、アジソン病など)や、低栄養によるものがあります。


日常生活での注意点


肥満の場合は、まず肥満を是正する必要があります。とくに糖尿病を合併している人では重要です。

1日1,300kcalくらいにする必要があります。

肥満のない人では、1日の摂取カロリーは標準体重×(30〜35)kcalとします。
0〜1,800kcalくらいがよいと思います。


食事療法の基本:


総コレステロールの項のとおりです。
高中性脂肪血症の場合、とくに重要であるのは、糖分の摂取を抑えること、めん類、清涼飲料水、果物に注意する必要があります。


間食は絶対にしないこと。


アルコールはなるべく少なくし、これも1日のカロリーに計算します。中性脂肪が500mg/dl以上の人は禁酒です。


運動療法は、総コレステロールの項をみてください。

次の人は、医師による薬物療法が必要です。

1.中性脂肪の値が150〜300mg/dlの人で、危険因子(高齢者、高コレステロール血症、喫煙、高血圧、心電図異常、肥満、糖尿病)のうち、2つ以上ある人。
2.中性脂肪の値が300〜750mg/dlで、危険因子が一つある人。

3.中性脂肪の値が750mg/dl以上の人


かかりつけの先生や、病院の先生に相談してください。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.