コリンエステラーゼ [ChE] とは?

血清中のコリンエステラーゼ(ChE)は、肝で合成され、血液中に分泌され肝臓での蛋白合成能力を反映しています。肝臓がどのくらい働いているかを示す検査です。

スポンサードリンク


コリンエステラーゼ [ChE] の基準値


・男性:322〜762IU/L

・女性:248〜663IU/L


コリンエステラーゼ [ChE] の異常値で疑われる病気


【高値】

脂肪肝(高頻度)、糖尿病、ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症 
肥満、本態性家族性高ChE血症、肝細胞癌に伴う高ChE血症


【低値】

肝硬変・肝細胞癌、劇症肝炎、慢性肝炎の急性増悪、低栄養、敗血症などの急性重症感染症、各種の悪性腫瘍 
有機リン中毒、各種の慢性消耗性病気(膠原病、粘液水腫、下垂体・副腎不全、熱傷、天疱瘡、うっ血性心不全、潰瘍性大腸炎など)


コリンエステラーゼ [ChE] の基礎知識


この酵素は、神経と赤血球に分布するものと、血液や肝にあるものの2つがあり、検査では後者を測定しています。

血清のコリンエステラーゼ(ChE)は、肝で合成され、血液中に分泌されており、肝臓での蛋白合成能力を反映します。

したがってこの酵素は、肝臓がどのくらい働いているかを示します。

肝障害では活性は低下します。

一方、ネフローゼや脂肪肝などで肝臓が刺激された状態ですと、値は高まります。

測定法や測定機関よって、基準値が異なりますので注意してください。


日常生活での注意点


(1)性ホルモンの影響で女性は妊娠、月経時に低下します。

(2)成人では女性のほうが低値。

(3)新生児は成人の2/3、乳幼児は成人の130%



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.