GOT(AST) GPT(ALT)とは?

GOT、GPTは肝臓機能を調べる検査。GOT、GPTの増え方や割合によって病気の診断に役立ちます。

スポンサードリンク


GOT(AST)、GPT(ALT)の基準値


GOT(AST)・・・35 IU/L 以下

GPT(ALT)・・・35 IU/L 以下


GOT(AST)、GPT(ALT)の異常値のおもな病気


【GOTが増えた場合】

心筋梗塞
進行性筋ジストロフィー

【GOTとGPTが増えた場合】

急性肝炎:GOT,GPTとも非常に増える
慢性肝炎・脂肪肝:GPTがGOTより高いのが特徴
肝硬変・肝臓癌:GOTがGPTより高いのが特徴


日常生活で気を付けること


肝臓病の特効薬はありません。予防が第一です。


【食事療法】

基本は、高蛋白、高ビタミン、高カロリー食で、脂肪は少な目。

【運動制限】

軽度上昇の時は特に制限の必要はありませんが、運動により肝臓の血液流量は減少し悪影響を与えますので、中等度以上の上昇では、なるべく安静が必要です。

【アルコール】

基本的には、禁酒です。

アルコール性肝炎は、日本人では1日に日本酒で2〜3合以上、またはビール大びん2〜3本以上の飲酒で、10〜20年で出現します。

通常γ−GTPの上昇がつづき、やがてGOT,GPTが上昇してきます。


脂肪肝の原因は栄養過剰、アルコール、肥満、糖尿病などです。予防や治療にはこれらをなくすことが必要です。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.