硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)とは?

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)は肝機能検査の一つで、γグロブリンの増加を調べます。γグロブリンが増加する肝硬変などの判定に用いられます。

スポンサードリンク


硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)について。


硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)の基準値


2.3〜12U(Kunkel単位)

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)の異常値で疑われる病気


硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)の異常値で疑われる病気としては、

【高値の場合】

肝臓病:急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓癌
膠原病
悪性腫瘍


【低値の場合】

胆のううっ滞症
糖尿病
転移がん
悪性高血圧


硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)の基礎知識


血清中の蛋白の一分画であるγグロブリンを簡易に測定する方法です。


したがって、γグロブリンが増加する病気の判定に用いられます。とくに肝障害が慢性化し、肝硬変となるとγグロブリンが増加しますので、肝機能検査の一つとして、慢性化ないし肝硬変の指標として用いられています。


日常生活での注意点


高値の場合、まず他の肝機能検査や、前の病気などを考えて判定します。

現在では、血清蛋白分画など詳しい検査もできますので、これらを加えて病院で詳しく調べてもらってください。

少しの上昇は、とくに高齢者では慢性の感染症などによる事が多く、他の検査で異常がなければ経過をみます。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.