血清総蛋白〔TP〕とは?

血清中にはアルブミン、免疫グロブリン他およそ80種類の蛋白があり、総蛋白を測定することで蛋白の合成、分解、消費、漏出の異常を調べます。

スポンサードリンク


血清総蛋白〔TP〕の基準値


基準値 6.3〜7.8g/dL

血清総蛋白〔TP〕の基礎知識


血清の中には、アルブミン、免疫グロブリン、そのほかおよそ80種類の蛋白があり、体の働きに役立っています。

これらの蛋白の合成の異常、分解の異常、消費または漏出があると、増えたり減ったりします。


血清総蛋白〔TP〕の異常値で疑われる病気


増加する場合:

下痢、嘔吐などによる血液の濃縮、急性・慢性の炎症、悪性腫瘍、免疫グロブリンの異常


減少する場合:

栄養不良、蛋白の漏出(火傷、ネフローゼ、腹水など)、分解の亢進(甲状腺機能亢進症)、合成の低下(肝硬変)

蛋白のうち、どの蛋白の増減があるかは、分画を調べることによって知ることが出来ます。
通常、5つの分画に分けられます。


日常生活での注意点

必要に応じて、病院などで詳しく調べてもらってください。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.