白血球数〔WBC〕とは?

白血球数の増加で考えられる病気、減少で考えられる病気について。

スポンサードリンク



白血球数〔WBC〕 (white blood cell count)の基準値


・自動血球計数器 : 4,700〜8,700 /μL (静脈血)

・視算法 : 5,000〜8,500 /μL (毛細血管)


白血球数の増減をきたす病気


白血球数のみでは確定診断は困難です。


1.50,000 /μL 以上 (高度増加)

【考えられる病気】

白血病、骨髄増殖性疾患、重篤な感染症(粟粒結核敗血症)、悪性腫瘍の全身散布、転移無顆粒球症や葉酸欠乏症の治療による回復期

【どうしたらよいか】

白血球が10万/μL以上の場合は血栓症のおそれが生ずるため、減少させる手段が必要となる。
白血病の場合は抗腫瘍剤の投与を開始する。

   
2.10,000〜50,000 /μL (軽度〜中等度増加)

【考えられる病気】

感染症(細菌ウイルス)、自己免疫性疾患(リウマチ熱膠原病など、) 物理的(寒冷出血など)や心理的ストレス、重症の代謝異常(腎・肝不全など)、薬物中毒、白血病、骨髄増殖性疾患、妊娠、ステロイド剤の影響 


【どうしたらよいか】

  確定診断に基づき治療

3.1,000〜3,000 /μL (軽度〜中等度減少)

【考えられる病気】

再生不良性貧血、抗癌剤の投与、薬剤アレルギー(サルファ剤、抗生物質、解熱剤、抗痙攣剤、抗甲状腺剤)、放射線照、射癌の骨髄転、移骨髄異形成症候群、悪性貧血、脾機能亢進症(特発性門脈圧亢進症など)、腸チフス、ウイルス感染症(麻疹、風疹、水痘など)、骨髄線維症、粘液水腫、AIDS、無顆粒球症 


【どうしたらよいか】

   確定診断に基づき治療


3.1,000 /μL 以下 (高度減少)


【考えられる病気】

再生不良性貧血、抗癌剤の投与、薬剤アレルギー(サルファ剤、抗生物質、解熱剤、抗痙攣剤、抗甲状腺剤)放射線照、射癌の骨髄転、移骨髄異形成症候群、悪性貧血、脾機能亢進症(特発性門脈圧亢進症など)、腸チフス、ウイルス感染症(麻疹、風疹、水痘など)、骨髄線維症、粘液水腫、AIDS、無顆粒球症

【どうしたらよいか】

クリーンルーム(無菌室)の適応。
感染症に十分注意しG-CSF(顆粒球増加作用+)などの適応



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.