尿潜血とは?

尿潜血は尿中の赤血球の有無を調べる検査で、試験紙法で陽性の場合は尿沈査で確認します。

スポンサードリンク



尿潜血  (urinary occult blood)の基準値

 


(ー)陰性 (感度0.015〜0.062mg/dLヘモグロビン)


尿潜血が陽性 (1+〜3+)で考えられる病気

糸球体腎炎、間質性腎炎、尿路感染、尿路結石、尿路腫瘍(ガン) 

その他、考えられる病気としては、出血性素因、ヘモグロビン尿、ミオグロビン尿や性器出血の混入などがあります。 


尿潜血が陽性のときどうすればよいか


赤血球が尿中にあるか沈渣の鏡検で確認します。尿路造影・超音波により結石、腫瘍の有無を確認します。糸球体疾患が疑われたら腎生検を行うこともあります。


尿に血液が出るというのは?


顕微鏡で見るとおしっこに血が混じっているということは、腎臓から尿道までのどこかで出血があるということです。


腎あるいは尿路からの出血により尿中へ赤血球が排泄されたときに、陽性反応を示します。ただし、正常でも赤血球は3個/mm3(強拡大で毎視野1個程度)は生理的にみられます。


試験紙法では赤血球5個/mm3(強拡大で毎視野2〜3個程度)で陽性。
沈渣で赤血球を見出せば血尿と確定できます。


尿潜血(+)陽性となる場合


1.腎糸球体〜尿細管〜腎盂以降の尿路いずれの部位からの出血。

2.溶血によるヘモグロビン尿や筋融解によるミオグロビン尿。

ヘモグロビン尿では血清がピンク〜赤色であり、溶血があったことが示されるが、ミオグロビン尿では血清は着色していない。

ヘモグロビン尿とミオグロビン尿の鑑別には免疫電気泳動が有用です。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.