尿ウロビリノゲン・尿ビリルビン

尿検査のウロビリノゲンとビリルビンは肝機能障害のスクリーニング検査

スポンサードリンク



尿ウロビリノゲン、尿ビリルビン(urinary urobilinogen, urinary bilirubin)の基準値

・ウロビリノゲン : (±)〜(+)

・ビリルビン : -(感度0.8mg/dL)


尿ウロビリノゲンとは


ウロビリノーゲンは少し尿中に出ている(+)が正常。


尿ウロビリノゲンの増加 (2+)〜(4+)で考えられる病気


急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、アルコール性肝障害、
薬物性肝障害、心不全、溶血性貧血、内出血、紫斑病、
便秘、腸閉塞 


★時に考えられる病気

体質性黄疸 

尿ウロビリノゲンの増加 (2+)〜(4+)でどうしたらよいか


肝障害をきたす病気、溶血をきたす病気の診断と治療をおこないます。


尿ウロビリノゲンの減少・ (−) で考えられる病気


ウロビリノゲンが尿中に出ないのも病気です。

肝内胆汁うっ滞、閉塞性黄疸、胆汁瘻、
抗生物投与による腸内細菌の減少 

★時に考えられる病気

急性肝炎黄疸極期、高度肝不全 
胆汁うっ滞に関する診断と治療


尿ビリルビン


正常では(ー)、尿にでたら病気。

尿にビリルビンが出たら、褐色の尿になるので、血尿と間違える人も多い。


尿ビリルビンの増加 (1+)〜(3+)で考えられる病気


急性肝炎、劇症肝炎、肝硬変、薬物性肝障害、
アルコール性肝障害、肝内胆汁うっ滞、
閉塞性黄疸、Dubin-Johnson症候群、Rotor症候群 

★時に考えられる病気

慢性肝炎、肝癌 


尿ビリルビンの増加はどうしたらよいか


肝臓の病気の診断と治療 が必要です。


尿ウロビリノゲン、尿ビリルビンは、肝機能検査の簡単なスクーリング



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.