γ−GTPとアルコール性肝障害の関係

γ−GTPは肝臓などの細胞の膜にある酵素で、アルコールや種々の肝臓の病気で合成が高まります。

スポンサードリンク


γ−GTPの基礎知識


肝臓などの細胞の膜にある酵素で、アルコールや種々の肝臓の病気で合成が高まり、血液中へ出ていき、血清中の値が高くなります。

高い場合の多くは、アルコールによるものですが、種々の肝臓病(脂肪肝、肝炎、肝硬変、胆汁うっ滞、肝癌など)でも高くなります。


γ−GTPの基準値


・成人男性:10〜50IU/L

・成人女性:9〜32IU/L


γ−GTPの異常値で疑われる病気

【増えた場合】

急性肝炎
アルコール性肝炎
肝臓癌
閉塞性黄疸
日常生活での注意点
アルコールの適正摂取


γ−GTPとアルコール


アルコール性肝障害の場合、他の肝機能より早く高値を示します。


1日、日本酒で2合以上の常習飲酒者では、約3分の1が高値を示します。
禁酒により1ヶ月で約2分の1の値となります。常習飲酒者は適正飲酒を心がけましょう


(1日に日本酒で1合、ビールは大瓶で1本、ウイスキーは水割りで1〜2杯以内、週1〜2日の休肝日)。


アルコールの適正化でも下がらない場合は、他の肝機能検査で異常のある場合があるので、詳しい肝臓、膵臓、胆のう、心臓の検査を受けて下さい。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.