チモール混濁試験(TTT)とは

チモール混濁試験〔TTT〕はZTT(硫酸亜鉛混濁試験)と組み合わせて行い、主に肝機能を調べる検査。

スポンサードリンク



チモール混濁試験〔TTT〕の基準値

0.5〜6.5U(Kunkel単位)


チモール混濁試験〔TTT〕の基礎知識


TTTの増加はγ-グロブリン分画の蛋白(特にIgGやIgM)やリポ蛋白の増加、またはアルブミンの減少を反映しています。

A型肝炎の初期(通常、発病第2週から)では、ZTT(硫酸亜鉛混濁試験)に比しTTTのほうが敏感に上昇しますことが特徴であります。IgMの増加を反映していると考えられています。

IgG型骨髄腫では、TTTは上昇せずZTTは異常高値を示しすことが多いのです。

高脂血症では、TTTが上昇しますが、ZTTはほとんど影響を受けません。


チモール混濁試験〔TTT〕の異常値で疑われる病気


肝臓病:急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝

高脂血症

膠原病

日常生活での注意点


軽度の上昇では、年齢や過去の結核などの慢性炎症の有無などで判断し、経過を見ること。

高度の上昇では、病院などで詳しく肝機能、血清蛋白の分画などを調べてもらってください。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.