尿タンパクとは

尿タンパクは腎機能を調べる検査で正常なら陰性です。尿タンパクの増加で疑われる病気について。

スポンサードリンク



尿タンパク(urinary protein)の基準値

・定性 : 陰性

・定量 : 0.044〜0.295g/日


尿タンパクの軽度増加で考えられる病気


定性 : 1+〜2+ (30〜100mg/dL)

定量 : 0.5〜1.5g/日


★しばしば認める病気

慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症、高血圧性腎硬化症 

★時に認める病気

良性蛋白尿(起立性蛋白尿、熱性蛋白尿など)
(1g/日以下であることが多い)、
重金属や薬剤性尿細管障害、間質性腎炎、Fanconi症候群 

★対処法

腎障害をきたしうる全身疾患(高血圧、糖尿病など)
薬剤の使用歴の検索、
尿中NAG、β2-ミクログロブリン測定、腎生検


尿タンパクの増加で考えられる病気

定性:2+〜3+
(100〜300mg/dL)


★しばしば認める病気

慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症、巣状糸球体硬化症 

★時に認める病気

腎アミロイドーシス、糸球体微小病変(微小変化群) 

★対処法

血尿の有無、腎機能検査、全身疾患の検索、
最終的には腎生検による診断に基づき治療方針を立てる。


尿タンパクの高度増加で考えられる病気


定性:3+〜4+ (300〜1,000mg/dL)

定量:3.5g/日以上


★しばしば認める病気

ネフローゼ症候群、微小変化群、糖尿病、
慢性糸球体腎炎(膜性腎症、膜性増殖性腎炎など)
巣状糸球体硬化症 

★時に認める病気

腎アミロイドーシス、ループス腎炎、紫斑病性腎炎 


★対処法


専門家に相談
腎生検を施行し、確定診断し治療方針をたてる。


尿タンパクはどんなときに増加?



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.