健康診断を、保険適用で3割負担に!!

健康診断は保険対象外ですが、健康診断を、社会(健康)保険を使って3割負担にする方法を紹介。

スポンサードリンク


健康診断を、社会(健康)保険を使って、3割負担にしちゃいましょう!

でも、健康診断って、保険対象外ではなかったの?

そうなんです!が。。。

健康でも、「体調不良」といって、受診すれば、保険が適用になります。
(もちろん、初診料や再診料などはかかりますが・・)


1.まず、かかりつけの医者を決めましょう!ホームドクターです。

    近くの開業医(内科、循環器科)がいいですね。
    心電図やレントゲン撮影のできるところなら、なおいいです!

2.体調のいいときに受診しましょう。

   医者が検査項目を決めるのは、問診がメインです!
   患者の訴えによって、検査項目を決めます。

3.脱力感、倦怠感を訴えましょう!

   だるさや疲れやすい、倦怠感、軽い頭痛やめまいは
   あなたも感じたことがあるでしょう?

   ある調査では女子短大生の80%が「日常生活で疲れだるさ」を感じ、
   その内「無理をして通学している」が36%、「学校を休む」が2%も!

   でも、この症状だけでは、通常は医者にかかりませんね。
   しかし、これらの症状はほとんどの重要疾患が発する警告です。  

4.基本的な検査項目として、

   血圧。尿検査。貧血検査。肝機能検査の指示が出ます。
   
5.検査結果を聞きに、再診します。

  検査データは手元にはもらうことは出来ませんが、
  医者から、「大丈夫ですよ!」の言葉が健康のお墨付きです!

  半年に1回は受診するといいでしょう!!

これで、あなたの健康時のデータができました!


ホントに体調が悪くなったときには、
      このデータがあなたを救ってくれるはずです!!


ちなみに、私の友人は、この方法で受診しました!!

彼は、健康だけには絶対に自信があるというスポーツマンです!

ところが。。。血液検査で肝機能に異常が見つかったのです!!
即、治療開始!!大事に至らなくてすみました。

すすめて、本当によかったです!!


さぁ!!あなたも、健康診断を受けてみる気になりましたか?


え?!

いいことはわかっているんだけど、

「近くにいい病院がない。忙しくて受診できない。誰にも知られたくない・・・」

なんて思っているあなたへ!!


「しかたないわ〜!!」

とっておきの方法をお知らせしましょう!!


クリックすると拡大されます。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

★★★★★





スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.