健康診断が無料!!って・・・ほんと??

献血をすれば、年齢が18歳〜69歳までの健康な方ならいろんな血液検査項目がすべて無料です。

スポンサードリンク


健康診断が無料!!って・・・ほんと??

はい!!

年齢が18歳〜69歳までの健康な方なら

下記の検査項目をすべて行ってくれます。


★血液型関連検査

 ・ABO血液型検査・Rh血液型検査・不規則抗体検査


★感染症関連検査(抗原・抗体検査)

 ・梅毒血清学的検査
 ・B型肝炎ウイルス関連検査
  (HBs抗原、HBc抗体検査)
 ・C型肝炎ウイルス関連検査
  (HCV抗体検査)
 ・エイズウイルス関連検査(HIV抗体検査)
 ・HTLV-I関連検査(HTLV-I抗体検査)
 ・ヒトパルボウイルスB19抗原検査


★ 生化学検査

 ・ALT・AST・γ-GTP・TP・ALB・A/G・CHOL


★血球計数検査(成分献血、400ml献血者のみ)


★NAT(核酸増幅検査)

 ・エイズウイルス検査・B型肝炎ウイルス検査
 ・C型肝炎ウイルス検査


しかも、

血球検査や生化学検査項目は通知のハガキが届きます!!

もう、おわかりですね!!

それは、 献血です!!


献血について良く誤解されているのが、

「無料で血をやっている」のに、「輸血の時には高額な料金をとる!」


でも、よく考えてください。献血はタダではないのです。


上記の検査項目の総額っていったいいくらになるんでしょうか?
おそらく数万円!!の価値があるものでしょう!!


献血した血液そのものに値段が付いているわけではありませんが、献血した血液を患者さんに安全な輸血をするための、各種の検査費用、血液センターや献血バス、病院へ血液を届ける緊急車など施設や車両の整備、製剤の調整などの費用、さらに職員の人件費などがかかるのです。


これらの費用を賄うために、血液製剤には国が定める値段(薬価)が付けられており、病院はこれを使用する際に血液センターに支払います。病院に対しては、患者さんが加入している健康保険や国民健康保険などからの給付、患者さん自身の一部負担金により支払われています。


血液を提供することで、ボランティアになって、喜ばれて!しかも高額な健康診断検査まで受けることが出来る

献血を見直しましょう!!


各地の血液センターに出向くか、移動献血車を利用して、定期的に献血をしましょう!!


全国の赤十字血液センターの場所とホームページ 

でも、これは、あくまで健康な人のみの特権です。


肝炎の既往症のあるかたや、貧血やエイズなどの病気の疑いのある方はできません。
血液を通して二次感染の可能性がありますから、絶対にしないでください!


そんな方でも、

無料で基本健診を受けることが出来るチャンスがあります!!

ただし・・・これも条件付きなのですが・・・



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.