一番最初に行われた輸血は、何の動物の血液?

一番最初に行われた輸血は、人間の血液ではありませんでした。では、何の動物の血液?

スポンサードリンク


一番最初に行われた輸血は、人間の血液ではありませんでした。

では、何の動物の血液だったのでしょう?    


 それは、子ヒツジの血液 でした。
  
  
   
 1667年、
 
 フランス国王ルイ14世の侍医だった、ジャン・バプティストゥ・デニ−が
 4名の貧血患者に子ヒツジの血液を輸血したと記録にあります。
 
 最初の患者への輸血は成功しましたが、
 その後に行った患者への輸血の副作用で真っ黒な尿を出し、
 4名のうち1名が死亡するにいたりました。
 
 デニ−は殺人者として裁判にかけられました。
 
 長い法廷闘争の末、結局無罪となりましたが、
 パリ大学、英国国会、法皇庁という3つの権威ある団体が
 輸血禁止令を出したといいます。
 
 
 そのこともあって、以後、輸血熱も冷めてしまい、
 18世紀には輸血に関する報告は1例もみられません。
 
 
 19世紀になって、人から人への輸血がはじまりますが、
 まだ、血液型の知識がなかったために、不幸な結果になる事も多く、
 危険な治療法でした。
 
 1900年!K・ランドシュタイナーによる、ABO式血液型の発見で
 安全な輸血への道が切り開かれたのでした!
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.