献血できるのは、何歳から何歳??

献血できる人には年齢制限があります。

スポンサードリンク


 献血できるのは、何歳から何歳まででしょうか?


 A.16歳 から 69歳
 

   
 献血には、種類があり、その種類によって年齢が違います
 
 【全血献血】
 
 200mL  16歳 〜 69歳 (初回献血者は64歳まで)
 
 400mL  18歳 〜 69歳 (初回献血者は64歳まで)
 
 
 【成分献血】
 
 血しょう成分献血 18歳〜69歳 (初回献血者は64歳まで)
 
 血小板成分献血 18歳〜54歳
 
 
 では、他の国ではどうなっているのでしょうか?
 
 
 アメリカ
 
 全血献血   17歳〜65歳
 
 成分献血   18歳〜65歳
 
 
 オーストラリア
 
 全血献血   16歳〜70歳
 
 成分献血   16歳〜70歳
 
  
 他の国も大差はありませんが、ちがうのは採血量です!
 
 平均して500mL前後!!
 
 
 日本ではまだ、200mLの方が多いですね。
 
 すべてを400mLに出来ないのは、400mLだとやめる人がいるんですよ。
 
 
 献血ルームでよく見られる光景でも、いい体格をした男性が、
 
 「400mL献血をお願いします。」と言われてても、
 
 「いやぁ。。。200mLがいいです!」って・・・
 
 
 あら!そんなこといわずに・・・
  大丈夫なんですから!ぜひ!ご協力を〜〜!!
   



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.