献血した血液はどうなるの?

献血した血液は「輸血用血液」や「血しょう分画製剤」として使われます。

スポンサードリンク


  
献血した血液は、まず、血液センターで、輸血用血液として安全かどうかを確認するために血液検査を行います。


この検査項目には、主にABO式・Rh式血液型の判定、梅毒血清学的検査、不規則抗体スクリーニング、HBs抗原検査、肝機能検査などがあります。


すべてのチェックに合格したものだけが医療機関に供給され、患者さんに輸血されます。


輸血用血液として使用


輸血は従来、献血された血液をそのまま輸血することがほとんどでしたが、今日では、血液を「赤血球」「血小板」「血しょう」などの成分に分けて、患者さんの必要とする成分だけを輸血する「成分輸血」が主流です。


「全血」に比べると、成分輸血は患者さんに必要な成分だけを輸血できるので、患者さんの心臓や、腎臓にかかる負担が少なくてもすみます。


一人の献血者からいただいた血液を2〜3人の輸血に役立てることができ、貴重な血液の有効利用につながっています。


血しょう製剤として使用


血しょうの中にはいろいろなタンパク質が含まれています。


そのうちのアルブミン、免疫グロブリンや血液凝固因子などが、物理化学的手法を用いて個々に分離精製され、血しょう分画製剤として医療に使われています。

 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.