血圧とは?

血圧とは、血管内を流れる血液が、血管壁に与える圧力のこと。通常は動脈の圧力のことです。

スポンサードリンク


血圧とはよく使われる言葉ですが、実際にはよく知らない人が多いようです。


血圧とは


血圧とは、血管内を流れる血液が、血管壁に与える圧力のことです。
 
血管には動脈、静脈、毛細血管などがありますが、 ここでいう「血圧」とは一般的に動脈のことをさします。血液は心臓のポンプ作用によって全身の血管に押し出されてきます。心臓のポンプ作用とは心臓の壁が収縮と拡張をくり返す作用です。
 
心臓には弁があって、血液は、心臓→動脈→毛細血管→静脈→心臓と一方向に流れます。全身にくまなく血液を送り出すために、動脈には常に圧力がかかっています。
 

最高血圧 最低血圧


動脈の血圧は心臓が収縮して血液を送り出すとき、最も大きくなり、このときの血圧は「収縮期血圧」(最高血圧)と呼ばれます。
 
また心臓が弛緩し拡張して血液を迎えいれるとき、動脈の血圧は最小となり、このときの血圧は「拡張期血圧」(最低血圧)と呼ばれます。

★★★★
★★★★




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.