血圧の上昇の要因

血圧の変動が大きいと心配ですが、血圧は1日の間にも何度も変わります。血圧が上昇する要因について紹介します。

スポンサードリンク


血圧が測るたびにちがうのは誰しも経験していることでしょう。でも、血圧の変動が大きいと心配ですよね。

血圧の変動


血圧の変動は通常、30mmHg くらいの血圧の変動は、生理的なものとされています。 
 
高血圧とは 一般的に  上が135mmHg以上、下が85mmHg以上。といわれています。
 
血圧は、1日の間にも、何度も変わります。全体の流れとしては、朝起きてから、活動が活発になるにつれて、徐々に血圧は上昇し、正午から夕方6時近くまで高くて、その後、低下していきます。

夜、眠りに入り、午前3時ごろ一番低いのが一般的です。


最高血圧 最低血圧


動脈の血圧は心臓が収縮して血液を送り出すとき、最も大きくなり、このときの血圧は「収縮期血圧」(最高血圧)と呼ばれます。

 
また心臓が弛緩し拡張して血液を迎えいれるとき、動脈の血圧は最小となり、このときの血圧は「拡張期血圧」(最低血圧)と呼ばれます。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.