血液が、体内を一周するのにどのくらいかかる?

心臓から送り出された血液は、「体循環」と「肺循環」という2つのルートを通って戻ってきます。

スポンサードリンク


  
 心臓から送り出された血液は、「体循環」と「肺循環」という2つのルートを
 通って、体中のいろんな器官をめぐり、心臓に戻ってきます。

 
 これにかかる時間は平均して、1周 わずかに 50秒 という超スピード!


体循環


 
 
 「体循環」とは、身体全体をめぐるルート!
 
 
 酸素をたっぷり含んだ血液が、大動脈を通り、全身の毛細血管へ。
 

 途中で、小腸や肝臓から栄養を得て、それを各細胞に届けて、かわりに
 二酸化炭素や老廃物を受け取り、腎臓で老廃物をこし、心臓に帰ってきます。

 

肺循環

 
 「肺循環」とは、心臓 → 肺 → 心臓の 短いルート

 
 いったん心臓に戻った血液は、今度は肺動脈を通って肺に入り、そこで、二酸化炭素と酸素を交換して心臓にもどってくるのです。
 
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.