血液の流れが遅くなると、どうなるの?

血液の流れが遅くなると、血液がねっばっこくドロドロなり、さらに血液の流れが悪くなるという悪循環を引き起こします。

スポンサードリンク


   

血液の流れが悪くなると


 
 血液の流れが遅くなると、血液がねっばっこくドロドロなり、さらに血液の流れが悪くなるという悪循環を引き起こします。
 
 血液の流れが悪くなると細胞の働きが不活発になり、様々な影響がでてきます。
 
 
 脳梗塞や脳血管性痴呆症(ボケ)などは、脳の血管に血栓ができ、血液の供給が断たれ、その部分の脳が機能しなくなったことによるものです。
 
 
 また、皮膚の血流が不足すると顔色が悪くなり、肌荒れ、脱毛などが進みます。
 
 
 四肢の血流が悪くなるとむくみ、冷え性、痛みなどが生じ歩けなくなることも。
 
 
 体全体に傷害が出てきて、怖い病気に繋がるようです!!
 サラサラな血液になるように、生活習慣、食生活を見直しましょう!!
 
 

血流をスムーズにするには?


 
 
 1.水分補給
 
 水分は、血液の流れをスムーズにして血栓を防ぎます。

 
 人間に必要な水分量は「体重1kgあたり1時間に1ml」を目安に!

 たとえば、体重が50kgの人なら、1時間に50mlの水分が必要という計算です。
 
 
 飛行機の機内などのように乾燥している場合は、この2倍以上の水分を補給することを心がけましょう。

 
 ただし、この場合、

 アルコールやコーヒー・お茶(カフェイン)など、利尿作用があるものは水分補給には適していませんから、ご注意を!
 
 
 2.ストレッチなどで体を動かす
 
 
 ポイントは、足の筋肉を動かして血液が心臓に戻りやすい状態を作ること! 
 
 
 普通に立ったり座ったりを繰り返すだけでも、筋肉が収縮して血液の循環はよくなります。
 
 それもむずかしい場合は、座席に座ったままでできる足の運動がオススメです。
 
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.