血圧の標準値(基準値)はどのくらい?

血圧の標準値では最高血圧140mmHgまたは最低血圧90mmHg以上を高血圧。

スポンサードリンク


 
血圧の標準値(基準値)は、日本高血圧学会が2004年に定めた血圧の判定基準で標準値は、

最高血圧140mmHgまたは最低血圧90mmHg以上を高血圧としています。

そして、さらに次の図のように分類されています。


血圧の判定基準f


* 至適血圧…120 かつ 80未満
* 正常血圧…130 かつ 85未満
* 正常高値血圧…130〜139 または 85〜89
* 軽症高血圧…140〜159 または 90〜99
* 中高症高血圧…160〜179 または 100〜109
* 重症高血圧…180以上 または 110以上
* 収縮期高血圧…140以上 かつ 90未満


 
 一応、年齢には関係ないとしていますが、以下のデータによれば、
 やはり、若年層のほうが、血圧は低めになっています。


血圧の表


 定期的に血圧を測定して、自分の血圧の基準値(正常値)を知っておきましょう。



 
 高血圧をそのままにしておくと、心臓病や脳出血など、生活習慣病の原因になる可能性が高いです。

 
 血圧測定は、生活習慣病の予防にかかせない検査です。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.