低血圧の診断基準は?

高血圧には世界保健機関(WHO)等による国際的な基準がありますが、低血圧には基準はありません。  

スポンサードリンク


    
高血圧には世界保健機関(WHO)等による国際的な基準がありますが、低血圧にはこのような基準は現在ありません。
 
血圧を下げるための情報はたくさん来ますが、血圧を上げよう!という裏技はあまり聞きません。
 
 
 確かに、高血圧の症状や治療、注意事項については言われますが、高血圧が生活習慣病と密接な関係にあるからなのでしょう。
 
 
 低血圧のことについてはあまり聞きませんが、低血圧で悩まれている方も多いですよね。
 
 

低血圧とは?

 
 血圧が正常よりも低い状態、一般に収縮期血圧(最高血圧)100〜110Hg以下を低血圧といっています。
 
 低血圧の診断尺度としては、主として収縮期血圧(最高血圧)が目安。
 
 

低血圧症の症状は?

 
 急に立ち上がったり、長時間立ち続けていると血圧が下がり、立ちくらみ、めまいなどの症状があらわれる場合には起立性低血圧と診断されます。


 特に子供たちに多く見られます。
 
 
 低血圧についての症状、治療、生活改善について、詳しく説明されているサイトを見つけました。
 
 
  低血圧support group
 
 
 Q&Aコーナーもあるので、あなたの症状の改善にお役立てください。
 
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.