血圧が高い原因:動脈硬化

血圧が高い原因のひとつが動脈硬化です。自覚症状がないため、生活習慣の改善が大切です。

スポンサードリンク


 血圧が高い原因の1つは、動脈硬化によるものです。 


 血管の壁面に、脂質、繊維、カルシウムなどが蓄積し、
 血管が硬くなってくることを「動脈硬化」といいます。

 
 動脈硬化が進行してくると、血管内壁に様々な成分が付着し、
 血管内腔が狭まり、また血管自身ももろくなってきます。
 すると、血圧が高くなります。

 
 ついには、血液の流れが悪くなったり、血管が完全に詰まったり破裂して、
 脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、腎硬化症、下肢閉塞性動脈硬化症などの
 「動脈硬化症」を引き起こします。

 
 動脈硬化一種の老化現象であり、だれでもある程度年をとればおこります。

 
 しかし、高脂血症、高血圧、喫煙、糖尿病、肥満などの危険因子があると、
 著しく促進されます。
 
 
 動脈硬化の主な原因のひとつが、

 
 日本人のライフ・スタイルの変化、特に食習慣の欧米化や運動不足による
 高脂血症(コレステロール・中性脂肪)です。

 
 高脂血症はそれ自身ではほとんど自覚症状かない!これが怖いのです。
 

 高脂血症は生活習慣病の1つ!


 「動脈硬化症」の予防のために、早期発見、早期治療することが重要です。
 食事療法、運動療法を中心としたライフ・スタイルの改善を心がけましょう!


 血圧が高いときには、動脈硬化がないかどうかチェックすることが大切です。
 
 

★★★★★
★★★★★
★★★★
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.