血圧が高い原因:循環血液量の増加

血圧が高い原因の1つが循環血液量の増加です。血圧を下げるには食生活を改善し、塩分を控えめにします。  

スポンサードリンク


 血圧が高い原因の一つは循環血液量の増加によるものです。


 血圧が高い、低いは「循環血液量の増減」によっても上下します。


 わかりやすく言うと、
 ホースに水を流すとき、蛇口をひねったり閉めたりしたときの状態です。
 ホース自体に変化がなくても、ホースにかかる圧力が増減しますね。
 

 この全血液量の変化は、水分や塩分の摂取量の変化、
 これらの変化をコントロールするアルドステロンと呼ばれるホルモンの変化、 
 腎臓からの排泄量の変化などの要因によってコントロールされています。


 そのため、これらに狂いが生ずると、全血液量の増加による血圧上昇がおこるのです。
 
 
 では、どうして血流量が増加するのでしょう?

 
 塩辛いものを食べると、後々まで喉がかわいて水が飲みたくなりますね。
 これは、体液の浸透圧を一定に保とうと、体が水分を要求するサインです。
 
 
 人間の体液は塩分(ナトリウム)濃度が決まっています。約 0.9 %
 それ以上の塩分を摂ると濃度を薄めようとするため、水分が欲しくなるのです。
  
 
 余分な塩分と水分をとれば、体液(血液)が増えます。


 心臓や血管には一定の容量があるため、その中の血液が増えすぎてしまうと、
 血管を押し広げ、血圧も上がってしまうのです。
 
 
 この「ナトリウム」は血流量を増加させるだけでなく、
 もっとほかにも、血圧を上げる要因があるのです。
 
 
 1.過剰なナトリウムは、血管を収縮させる働きをする交感神経を緊張させる。
 
 2.過剰なナトリウムは、血管の壁の筋肉を収縮させる。
 
 
 現代人は、肉体労働が減り、汗をかかなくなりました。
 その結果、汗による塩分濃度の調節が出来なくなってしまっています。

 
 本来人間には、尿や汗によって余分なナトリウムを体外に出し、
 調節する仕組がそなわっているのです。
 汗をかいてこそ、丁度良いカラダの塩分濃度になるとも言えます。
 
 
 食生活を改善し、塩分を控えめ、減塩にする。(1日に10g以内に)
 また、適度な運動で汗を流し、正常な血流量になるように心がけましょう。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.