心不全とはどんな病気?原因と症状

心不全とは病気の名前ではなく、心臓が衰えた状態をあらわす症候名。心不全の原因,症状について紹介。

スポンサードリンク


  
 心不全とは心臓がポンプとしての機能を果たせなくなった状態であり、さまざまな心臓の病気が原因で起こります。心不全とは病気の名前ではなく、心臓が衰えた状態をあらわす、症候名です。 

  
 実は、私の父も、61歳の時に「心不全」で倒れました。 1/6正月明けの寒い夜でした。 急に胸が苦しい!といってうずくまり、そのまま意識が遠のいていきました。救急車のお世話になり、救急病院に運ばれました。運良く、当番医が循環器の医師だったので、応急処置が的確に行われ、一命を取り留めました。
 

 父の心臓は心房細動(定期的な収縮ができずにふるえている)の状態。左室肥大で、通常の倍ほどもある大きさになっていました。点滴、食事療法により、約1ヶ月で退院。元気になりました。 

 

心不全の原因・症状


 
 では、「心不全」になると身体がどうなるのでしょう? 
 
 ■ 十分に血液(酸素)を送り出せないので…
 
 からだに必要な酸素がたりなくなり息切れがしたり疲れやすくなります。 細い血管に血がいきわたらなくなるので手足の先が冷たく、肌の色が悪くなります。
 
  ■ 血液をうまくからだ中にまわせなくなるので…
 
 血液がスムーズに流れないので、臓器に水分がたまりやすくなります。 とくに足の甲やすねのあたりがむくみます。 肺に血がたまる(肺うっ血)と水分が肺にしみだし、さらに進むと酸欠状態になるので、安静にしていても呼吸が困難になります。


心不全の診断・検査・治療について。

 

★★★★
★★★★★

 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.