血管を全部つなぐと、どのくらいの長さ?

実に!10万 km ?! なんと、地球を2周半するほどの長さです!

スポンサードリンク



血管を全部つなぐと、どのくらいの長さ】と言えば    

実に!10万 km ?! なんと、地球を2周半するほどの長さです!


 指先をちょっとケガしただけでも血が出てきますよね。
 全身、すみずみまで、網の目のように血管がはりめぐらされているのです。
 
 
 心臓からでた大動脈は,動脈、細動脈と枝分かれしてだんだん細くなり、
 最後は毛細血管という非常に細い血管になります。
 
 
 この毛細血管は、血管の95%を占めます。
 
 
 もっとも細い血管は、5ミクロンという、赤血球(8ミクロン)よりも細く、
 赤血球はそこを、体をくねらせ、ねじれながら通っていくのです。
 
 
 また、毛細血管の壁は、細胞が一層しかない、とても薄いものです。
 
 
 呼吸で体内にとり入れた酸素を、全身のすみずみまで運ぶのも、
 体内でできた二酸化炭素を集めてきて、肺から外に出せるようにしているのも
 この毛細血管です。
 
 
 この毛細血管まであわせると,血管の長さは約10万kmにもなるのです。
 
 
 これは地球を2周半もするほどの長さです。すごいですよね〜




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.