タンパク質は血管を強化し高血圧を予防

タンパク質は血管を強化し高血圧を予防する最も重要な栄養素です。

スポンサードリンク



   
 血管を強化する働きがある タンパク質。 
 私たちの身体にとって、タンパク質は、最も重要な栄養素です。
 
 
 子供から成人、高齢者へと変化する中で、
 体を作る基本となる「骨・筋肉・血管」などをしっかりと作り上げることが、
 歳を重ねても丈夫な体を保ち、元気に老後を送るためにもとても大切です。
 
 
 成人してからも、体作りをある程度進めることはできますが、
 特に、体の基本を作る子供時代(成長期)が、一番重要な時期!
 
 
 子供時代にこそ、タンパク質(筋肉、骨、血管作りの材料)と
 カルシウム(骨作りの材料)をしっかり摂ることが大切です。
 
 
 昔から「寝る子は育つ」といいますが、睡眠中に多く分泌される
 成長ホルモンの働きにより、体作りが効率的に進むからといわれています。
 
 
 さらに、タンパク質とカルシウムを効果的に摂って、運動することで、
 この成長ホルモンの働きによる体作りはより促進されます。
 
 
 子供時代に「よく食べ、よく遊び(運動)、よく学ぶ」という、
 メリハリのあるる生活習慣は、成人、更には老後まで影響する重要なことです。
 
 
 
 あなたのお子さんは大丈夫ですか?
 

タンパク質の働き

 


 タンパク質を十分に摂っていると、血圧が安定し、脳卒中の予防にもなります。
 
 
 
 特に、タコや貝類に多く含まれているアミノ酸の一種の「タウリン」は
 血管を強くしなやかにすると同時に、血圧の上昇を防ぎ、
 脳卒中の予防に役立つと考えられるのです。
 
 
 また、血管を強くするには、コレステロールやリン脂質も必要ですが、
 卵はこれらを豊富に含んでいます。
 
 
 コレステロールは卵1個に250mg含まれていますが、
 1日に1個か2個までならあまり心配する必要はありません。
 
 
 ただしコレステロールの高い人は、卵と同時に、コレステロールを下げる効果
 のある魚や野菜、海藻、果物類を多く採るといいでしょう。
 
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.