体内の血液の量は、どのくらい?

体内の血液の量は、通常成人の場合、男性で体重の約8%、女性で約7.5%と言われています。

スポンサードリンク



体内の血液の量は、体重50kgの男性では、約 4,000 ml、女性では約 3,750 ml
 
  
体内の血液の量は、体型や年齢、性別などにより個人差はありますが、健康な人の循環血液量(からだ全体の血管中にある血液の量)は、通常成人の場合、男性で体重の約8%、女性で約7.5%と言われています。
 
 
 けがをして血管が破れると出血します。
 
 
 大けがや内臓の病気などで出血すると大量の血液を失うことが ありますが、
 このような状態を「失血」といいます。
 
 
 医学的には体内の血液量の15%
 (体重60kgの男性で約720mL、50kgの女性で約525mL)
 が失われても、身体上の問題はないといわれています。
 
 
 一般にけがや病気による失血量が、循環血液量の二分の一以上になると、
 失血死するといわれています。
 
 

心臓から一日に身体の中に送り出され、流れる総血液の量は?


 
 
 身体に流れる血液の量は一日、約10,000 リットル!重さで10トン。
 これは、ドラム缶にして、50本に相当します。
 
 
 心臓は、1日10万回、拍動をくり返して、
 4リットルの血液が体内を巡っています。
 
 
 私たちが自覚していないところで、働いてくれているわけですね。


 この血液がドロドロで汚かったら、どうでしょう?!
 身体のすみずみまで、巡っていくのです。
 
 
 この心臓に負担をかけないためにも、 
 サラサラできれいな血液になるような、生活習慣を心がけたいものです。
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.