タバコを吸うと、血圧はどうなるの?

タバコに含まれる「ニコチン」や一酸化炭素は、血管を収縮します。

スポンサードリンク


 
   
  血管を収縮させ、血圧が上がります
 
  
 タバコに含まれる「ニコチン」や一酸化炭素は、血管を収縮するので、心臓に負担がかかり、血圧が上昇します。
 
 
 そのうえ、この「ニコチン」は血小板を血管壁に付着させ、
 動脈硬化を起こす原因にもなっているのです。

 

タバコと血圧上昇

 
 一般に、煙草を1本すうと、最高血圧は、10〜20mmHg 上がり、
 心拍数も上昇します。
 
 
 1日にたくさん煙草を吸う人は、血圧の高い状態が連続することになるので
 慢性化して、高血圧症に移行してしまいます。
 
 
 心臓に障害のある人、動脈硬化のある人は、もちろんのこと!
 すべての人にとって、タバコは厳禁です!


タバコの害


 タバコの害として、以下のことがあげられます。

 
 ・たばこは冠動脈(心臓の血管)を収縮させ狭心症や心筋梗塞を誘発する

 ・たばこは動脈硬化を促進する

 ・たばこは咳や痰を増やす

 ・たばこは慢性気管支炎や肺気腫を起こす

 ・たばこは朝のむかつきを起こす

 ・たばこは胃・十二指腸潰瘍を起こす

 ・たばこは味覚を麻痺させ食欲を減弱する

 ・肺癌を高率に発生します

 ・喉頭癌、舌癌、食道癌、膀胱癌も増加

 ・妊娠中の喫煙は胎児の発育不良をきたす

 ・幼児の喘息様気管支炎を増やす
 
 
 タバコは、吸っている人だけでなく、
 副流煙によって、周りの人の健康も害します!!
 
 
 まだ、禁煙できていない人は!即!やめましょう!!


 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.