血管はどんなしくみになっているの?

血管は動脈と静脈とも、内膜、中膜、外膜の3つの層からできています。

スポンサードリンク


血管のしくみ

   
 血管は、2種類あります。動脈と静脈です。

 
 動脈と静脈とも、内膜、中膜、外膜の3つの層からできています。

 
 血液に直接触れる「内膜」の内側は、内皮細胞といい、
 血液が固まらないような特別な仕組みになっています。

 
 「中膜」は、平滑筋という筋肉細胞が幾重にも重なっており、
 この「中膜」を「外膜」が覆って保護しています。

 
 それぞれの膜の間には、弾性板というクッションがあって、
 血管を血液がスムーズに流れるのを助けているのです。
 
 

動脈と静脈の血管の違い

 
 動脈と静脈のおおまかなしくみは同じですが、
 役割が違うために、構造が異なっています。


 動脈は、心臓からたえず、勢いよく血液が送り込まれてくるので、
 その圧力(血圧)に耐えられるように、弾性があり、
 血管壁も厚く丈夫にできています。

 
 それに比べて、静脈は壁が薄く弾性もあまりありません。

 
 断面も動脈は丸い形をしているのに対し、静脈は少しつぶれた感じで、
 内部には、所々に弁があって、血液の逆流を防いでいます。
 

 動脈でも、場所によって構造が異なります。
 

 心臓付近の動脈は「弾性動脈」と呼ばれ、特に壁が厚く弾性に富んでいます。
 血管壁にかかる圧力が一番高いからですね。
 

 心臓から離れるにしたがって、血管は細く壁も薄くなっていきます。
 
 
 最も細い、毛細血管では、一番内側の内皮細胞が直接血液に接触し、
 酸素や、栄養分が血管から細胞へ、二酸化炭素や老廃物が血管へと
 にじみ出るようになっているのです。

 
 動脈は、中膜の平滑筋が、心臓の拍動にあわせて収縮したり弛緩したりして
 血液を先へ先へと送り出しています。

 
 静脈は、心臓の上の部分にある静脈と、下の部分にある静脈とでは違います。
 
 
 心臓から上にある静脈は、重力の法則に従って、自然に上から下へと流れます。
 
 
 下の部分の静脈は、重力に逆らって心臓まで血液を送らないといけません。
 そこで、手足にある「骨格筋」が収縮したり、弛緩したりして
 血液を押し上げるのです。
 

 従って、手足の運動不足は、静脈の流れを滞らせてうっ血させてしまうのです
 長時間立ったままでいると、足がむくんでくるのは、
 静脈血がスムーズに流れていないからなのです。

 
 静脈血がスムーズに流れないとどうなるのでしょうか?
 

 むくみだけではありません。

 
 最近、話題になっている「エコノミークラス症候群」のように、
 滞った静脈血の中で血栓ができ、それが、心臓で詰まると心筋梗塞。
 脳で詰まると脳梗塞を起こしてしまう、引き金にもなりかねないのです。
 
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.