血液をさらさらにする「食事の基本」とは?

血液をさらさらにする食事の基本は、「オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ」。血液をさらさらにする成分を含む8品目の紹介。

スポンサードリンク


 血液をさらさらにする「食事の基本」は
   
  『 オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ 』 です!!
 
 
 これは、血液をさらさらにする成分を含む8品目の食物の頭文字です。
 
 
 血液をさらさらにすることは、怖い生活習慣病を予防すること!!
 なるべく毎日の食事に取り入れましょう。
 
 
 食品の買い物や、食事のメニューを考える時は、これを基本に考えましょう。
 毎回の食事で無理なときは、3日単位で考えてくださいね。
 
 
 まずは2週間!!試してみましょう!きっと成果が出てきます!
 続けることが大切です。

 

オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ


 
 【オ】お茶
 
  麦茶
 
  お茶の中ではいちばん血液さらさらにします。
  原料の大麦に赤血球の流動性を良くする働きがあります。
  赤ちゃんから、お年寄りまで安心して飲むことのできる健康飲料です。
          

  緑茶
 
   「カテキン」 ポリフェノールの一種で、渋みの成分。
    抗酸化作用があります。
    コレステロール値や血糖値を下げるほか、抗菌作用もあります。
 
  ウーロン茶
 
   「ウーロン茶ポリフェノール」(ウーロン茶にしか入っていない)
    コレステロールや中性脂肪を下げる作用があります。
 
  ただし、緑茶。ウーロン茶は、飲みすぎると胃を荒らすので注意!!
 
 
 【サ】魚
 
  背の青い魚(イワシ、アジ、サバ、サンマ、カツオ、ブリなど)
 
  「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」の脂肪酸
    豊富に含まれ、赤血球や血小板に作用して血液の流れを良くします。
 
  「EPA(エイコサペンタエン酸)」
    血小板の固まる性質を防ぐ物質を作り出したり、
    血小板の変形能(血管内を通過しやすいように形を変える)を高めます。
 
 
 【カ】海藻類
 
  昆布やワカメ
 
  「ヨード」 
    新陳代謝を促します。
 
  「アルギン酸」 水溶性の食物繊維でぬめり成分
    血糖値の上昇を防ぎ、腸内で水分を含んで膨らむ時に、
    コレステロールを包み込んで体外に排出しコレステロール値を下げます。
 
 
 【ナ】納豆  大豆や豆腐などの大豆食品も摂りましょう    
 
  「ナットウキナーゼ」(納豆にしかない)
    血栓を溶かす働きがあります。
 
  「イソフラボン」 大豆に含まれていて、 女性ホルモンに似た働きを持つ
    動脈硬化を抑え血圧を下げる働きをします。
 

 
 【ス】酢
 
  「クエン酸」
    血液中の老廃物を排出し、赤血球の膜をしなやかにして、
    変形能(血管内を通過しやすいように形を変える働き)を高めます。
 
    なかでも、米酢の一種、「黒酢」は血液さらさらのナンバーワンです。
 
 
 
 【キ】キノコ類
 
  「βグルカン」 キノコ特有の多糖体(ブドウ糖などが集まったもの)
    免疫機能を活性化するほか、コレステロールや血糖値を下げます。
 
  「エリタデニン」 特にシイタケに含まれているアミノ酸の一種
    過剰な血液中のコレステロールを体外に排出する働きがあります。

 
 
 【ヤ】野菜類
 
   各種の「ビタミン」や「ミネラル」「食物繊維」が血液をさらさらに!
   緑黄色野菜、淡色野菜の両方をバランスよく食べましょう。
 
 
  「ビタミンC」 
    免疫力の強化、体内でコラーゲンを生成する、
    ヘモグロビンの材料である鉄の吸収を促進、
    活性酸素の発生を防ぐ優れた強い抗酸化作用など、多くの働き。
 
    【注意!!】
     「ビタミンC」は果物にも含まれていますが、
      果物は摂り過ぎると過剰な加糖の糖質が肝臓に脂肪として蓄えられ、
 
      血液がベタベタになることもあるので、気をつけてください。
      果物を食べる時は、午前中に食べましょう。
              
 
  「カロチン」 ニンジンやカボチャに多く含まれている色素
    体内で効率よくビタミンAに変換されて、活性酸素の働きを阻止します。
 
 
 
 【ネ】ネギ類
 
    野菜の中でも長ネギ、タマネギ、ニンニクなどのネギ類には特に
    血液さらさらにする作用があります。
 
 
  「アリシン」
    消化促進や殺菌作用のほか、血小板の凝集を抑え、血栓を予防する働き。
 
 
  「カロチン」
    活性酸素を抑制します。
 
   タマネギには血糖値を下げる作用、
   ニンニクには赤血球の膜をしなやかにする作用があります。
 
 
 血管に気を使うあまり、あまりにも偏った食事になってしまうのも
 健康にはよくありません。
 
 「オサカナスキヤネ」食で多くの種類の食品をまんべんなく食べて、
 栄養のバランスをとりましょう
 
 
 治療を受けている方、薬を服用している方は、
 逆効果になる場合がありますので、必ず医師の指示に従ってください。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.