中性脂肪を測るときの注意とポイントは?

中性脂肪の測定は食事、年齢、性別によっても、変動が大きいので注意が必要です。

スポンサードリンク


 
 
  

中性脂肪の測定法


   
 「中性脂肪」の測定法としては、 
 空腹時の血清中トリグリセリド(TG)濃度を測定しています。
 
 
 脂質代謝異常のスクリーニングとして測定され、
 動脈硬化症の診断、治療指針の決定、予後の判定に利用されています。
 また、急性膵炎の診断基準にもなっています。
 
 
 酵素的測定法で、TGをリポ蛋白リパーゼで水解して生成したグリセロールを
 比色法やUV法で測定します。
 
 
 ★基準値  TG  50〜149 mg/dl
 
 
 150mg/dl以上 が 「高中性脂肪血症」 と判定されます。
 
 
 詳しくは、中性脂肪(トリグリセリド)
 
 

中性脂肪を測るときの注意とポイント


 
 
 中性脂肪の測定は、注意事項を守らないとせっかくの採血が
無駄になってしまいます。
 
 
 1.食事による影響が大きい
 
    食事の内容によりますが、多くの場合高くなります。(10mg/dl以上)
 
 
    【理由】
 
    血清トリグリセリド(TG)値は食後30分くらいから上昇をはじめ、
 
    4〜6時間で最大値となります。
 
    【注意点】
 
     ●中性脂肪値を測る時は、空腹時の値が基本となります。
 
     ●理想的には16時間以上、最低でも12時間の絶食・断酒が必要です。
  
     ●飲酒は、肝臓での中性脂肪の合成を促進するので測定前日は断酒!
 
     ●中性脂肪は、有機物なら何からでも合成できるので、
      採血当日の糖分の摂取もだめです。
 
       (もちろん!ジュース、牛乳、スープ、味噌汁などもだめ!!)
 
 
     ●お茶は測定値に影響は出ないようです。
 
 2.年齢
 
     年齢につれて高くなる。
 
     男性は40歳、女性は60歳でピークをむかえ、徐々に低下。
     
 3.性差
 
     男性の方が女性よりも1割ほど高い。
 
 4.その他
 
     妊娠。ステロイド剤、経口避妊薬 服用でも高くなります。
 
     季節によっても変動があり、
     代謝の活発な夏には低く、冬には高くなる傾向にあります。
 
     都会に比べて、農村や漁村の方が低値だとの報告もあります。
 
 
 
 血液は正直です!!
 
 食後に採血した血清は、乳白色に濁っていますのですぐにわかります。
 そのような血清の場合は、再検査となることが多いです。
 

 健康診断や、病院で血液検査を受ける場合は、
 指示された注意事項を良く守り、検査を受けて下さい。
 

 でないと、せっかく痛い目をして採血しても無駄になってしまいます!
 
 
また、変動の大きい検査法なので、1回の測定で判断するのではなく、
 数回、検査を受けて、あなたの基準値を見つけることをおすすめします!!!
 
 


 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.