ストレスで、血液がドロドロになるの?

ストレスは身体を緊張させるため代謝が落ちて血液がドロドロになります。

スポンサードリンク



ストレスの血液への影響


    
 人は緊張すると、血中のブドウ糖やコレステロール、脂肪酸などを
 増加させ、戦闘態勢になります。
 
   
 これは身体の防衛反応として、正しい働きなのですが、
 現代人の場合はあまりにも多くのストレスを受けているため、
 
 
 増えた血中のブドウ糖やコレステロール、脂肪酸などを容易に燃焼しきれずに
 血液中にため込んでしまうことになり、血液はドロドロの状態になります。
 
 
 「現代人の疾病の真犯人はストレス」といってもいいくらいです。
 
 
 人間関係や仕事のプレッシャー、不規則な勤務状況からくる、
 精神的や肉体的なストレスは、たばこを吸ったときと同じように、
 「アドレナリン」というホルモンを分泌します。
 
 
 このアドレナリンは血流を増加させる反面、
 血液細胞の活性を高めてしまうため、体内で活性酸素を作り出し、
 血液の細胞を酸化して傷をつけたりします。
 
 
 そして血小板の凝集性、白血球の粘着性が高まり、
 血液が流れにくくなるのです。
 
 
 またストレスにさらされると、知らないうちに「汗」をかくので、
 ストレスが多い生活では、日常的に体内からの水分が失われ、
 血液ドロドロになりやすいのです。

 

ストレスを解消しよう

 
 というわけで、何らかの形でストレスを断ち切るリラックス法を
 自分なりに持つことが必要です。
 
 
 ストレスをなるべく軽いものに変えたり、解消することができれば、
 血液をさらさら状態にもどすことになるのです。
 
 
 リラックスしゆったりと呼吸をしながら行う有酸素運動は、
 脂肪酸を分解し中性脂肪を下げ、筋肉のすみずみまで酸素が行き渡ります。
 
 
 またウォーキングやトレッキング、水泳、軽い体操などを
 積極的に毎日取り入れた生活をしましょう!
 
 
 どんなに忙しい一日の中にもほっとする時間、心を白紙に戻す時間を持つこと
 なるべくゆとりある生活を心がけるなど、自己防衛も大切です。
 
 
 目常生活で血液サラサラを心がけましょう。
 
 
 ストレス解消に効果的!!
 
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 生活習慣病を予防する3つの深呼吸法

 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.