ドロドロ血液に種類があるの?

血液には5タイプあります。ドロドロ血液の種類と原因について。

スポンサードリンク


    
 血液タイプは、大きく分けて「5つ」あります。
 
   
 東京女子医科大学附属成人医学センターの調査(1200人以上の血流を測定)
 なんと10人中6〜7人がドロドロ血液、サラサラ血液は1割程度との結果が!
 
 
 この中で、健康な人に限って統計を出してみても、
 
 ドロドロ血液が約半数、
 
 サラサラ血液が約3割、
 
 まずまずの流れの人が約2割といったところだそうです。
 
 
 また、この調査で、ドロドロ血液に4つのタイプがあることがわかりました。

 

血液のタイプ

 

 
 1.ベタベタ血液     ストレスや過労、激しい運動、紫外線、タバコ

   白血球が異常な粘着性を帯びてしまい、ベタベタと白血球同士で
   また他の血液成分とくっついてしまう。
 
 
 2.ツブツブ血液     悪玉コレステロールが原因。

   肉や脂肪分を多く取りすぎて、食事のバランスが悪い状態では
   血液中の悪玉コレストロールの数値が高くなる。
   すると赤血球の表面が硬くなってしまい、変形能も低下する。
 
   これら全部の状態が、血流を悪くして高血圧を招き
   その結果動脈硬化を促進させる。
 
 
 3.ザラザラ血液     アルコールや間食、甘い物の取りすぎ
 
   酒の飲みすぎや糖分の過剰摂取が続くと、
   血小板の疑集能を必要以上に高め、
   血小板がザラザラと細かくかたまってしまう。
 
 
 4.ネバネバ血液     生活習慣病(特に糖尿病)
 
   糖尿病は血液中の糖分が慢性になった状態。
   血液中に糖分が多くなり過ぎると、赤血球に影響を及ぼし、
   赤血球の変形能をを低下させる。
 
 
 これらのタイプが折り重なって、ドロドロ血液 になるのです。
 
  
 
 血液のタイプの5つ目は、「サラサラ血液」です。
 
 
 「サラサラ血液」はもちろん、いいタイプなのですが、
 これも、度が過ぎると貧血になっている危険性があります!
 
 
 赤血球の数が少なくなっていたり、鉄が不足している状態だと、
 血液が薄いために通過時間が短くなるのです。
 
 
 特に若い女性で、ダイエットをしている人は、
 栄養バランスが崩れている可能性があり
 貧血になっていることがありますので、気を付けましょうね!
 
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.