ヘモグロビンA1c とは

ヘモグロビンA1cは過去1〜1.5ヶ月の平均血糖値。糖尿病の治療コントロールにかかせない糖代謝の血液検査です。

スポンサードリンク


ヘモグロビンA1cは、HbA1c

読み方は、【へもぐろびんえぃわんしー】 【エッチビーエーワンシー】

また、グリコヘモグロビンとも呼ばれています。


Hb(ヘモグロビン)(血色素)


ヘモグロビンは血色素ともよばれ、赤血球の成分の一つで、
鉄を含む赤色の色素部分の「ヘム」と、蛋白部分の「グロビン」で構成されています。


ヘモグロビンは赤血球の中に含まれ、肺で酸素と結合し、
それを末梢組織へ運搬するという重要な働きを行っています。


血液が赤い色をしているのは、赤血球に含まれているこのヘモグロビンの色を見ているからです。
それで、「血色素」とも呼ばれるわけです。


グリコヘモグロビン


ヘモグロビンが含まれる赤血球は骨髄で作られ、流血中を約120日間循環します。


この循環している120日間の間に、赤血球中のヘモグロビンは血液中の糖類や
それらの代謝産物と結合。この結合をヘモグロビンのグリケーションといいます。


グリケーションが起こった状態のヘモグロビンを「グリケーティッドヘモグロビン」。
略して「グリコヘモグロビン」と呼びます。


ヘモグロビンは構成要素のグロビン部分の違いによってHbA、HbA2、HbFの3種類に分けられ、
成人のヘモグロビンでは、HbAが97%を占め、HbA2が約1%弱、HbFが残り1%以下です。


HbFは胎児ヘモグロビンという意味で、出生直後では全ヘモグロビンの80%以上を占めますが、
その後徐々に減少し、5才くらいで成人の値になります。


グリコヘモグロビンは元のヘモグロビンとは電気的性質が異なるため、
イオン交換カラムクロマトグラフィーという方法を使用すると元のヘモグロビンと分けることが出来ます。


このうちイオン交換クロマトグラフィーでHbAより速く移動するものを「HbA1」と呼んでいます。
グリコヘモグロビンはヘモグロビンA1とほぼ同義の意味で使われていますが、厳密にはこれらは異なります。


ヘモグロビンA1cについて


ヘモグロビンA1はさらに細かく分けることができます。

主なものはHbA1a、HbA1b、HbA1cです。
このうちHbA1cは、ヘモグロビンA(HbA)にグルコース(血糖)が結合したものです。


HbA1cはまずヘモグロビンAにグルコースが結合し、不安定型HbA1cができます、
この状態ではグルコースとの結合は不安定で結合がはずれることもあります。


この状態で日数が経過すると、別の化学反応が起こり、
グルコースとの結合が安定した状態になります。これを安定型HbA1cと呼びます。


これは赤血球の寿命まで蓄積し、その蓄積の程度は赤血球が流血中にある期間の
平均血糖値を反映します。


値は総ヘモグロビン量に対するヘモグロビンA1c(HbA1c)の割合(%)で表します。


ヘモグロビンA1c(HbA1c)の値は、赤血球が作られた時から現在までの血糖値に比例します。


赤血球の寿命は120日とされていますから、HbA1cは過去4ヶ月の血糖値の動きを表します。


内訳としては、ヘモグロビンA1c(HbA1c)値の半分・50%は過去1ヶ月間の間に作られ、
約25%が過去2ヶ月、残りの25%が過去3、4ヶ月で作られるとされています。


つまり近い過去の血糖値ほどヘモグロビンA1c(HbA1c)の値に大きく影響する訳で、
通常は過去1、2ヶ月の平均血糖値の動きを見るために使用されています。


患者さんの生活や症状を把握するために
糖尿病の治療コントロールの良否にはかかせない検査なのです。


DCCTの調査から、ヘモグロビンA1c(HbA1c)の1%の違いは、
平均血糖値の30mg/dlの差に相当するとされます。


ヘモグロビンA1c(HbA1c)と平均血糖値の関係は以下の通り。


ヘモグロビンA1c(HbA1c)(%) 平均血糖値(mg/dl)

  4         60
  5         90
  6        120
  7        150
  8        180





スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.