悪性貧血とは ?

悪性貧血はビタミンB12、葉酸(ヨウサン)の吸収障害によって起こる巨赤芽球性貧血。

スポンサードリンク


悪性貧血の由来

悪性貧血は名前を聞いただけでは、すごい悪い貧血のようですが、長い間、原因不明で致死的な貧血であったことから、悪性貧血と名づけられました。

体のビタミンB12、葉酸(ヨウサン)の吸収障害によって起こり、巨赤芽球性貧血に分類されます。


いまでは、効果的な治療法があり、悪性貧血は改善できます。


悪性貧血の症状


ビタミンB12には神経細胞の核酸や、たんぱく質、脂質の合成を補助、修復して、
精神の安定、集中力、記憶力を向上させる働きがあります。

不足すると、貧血による一般症状のほかに、めまい、動悸、手足のしびれ、筋力低下、知覚障害、イライラや、無気力、集中力、記憶力の低下などを招きます。

ひどくなると…記憶減弱、排尿障害、下痢、腹痛、手足の浮腫、舌が赤くなってひりひり痛む、白髪化など、末梢神経系の症状まで出てきます。


悪性貧血の診断


赤血球数減少 ヘモグロビン低値   MCV高値  MCH高値 

白血球数減少 血小板数減少 (DNA合成障害による汎血球減少症)


悪性貧血の主な原因


1. ビタミンB12欠乏

  ● 極端な菜食主義 による摂取不足

  ●胃・小腸・回腸などの切除により吸収不足

2. 葉酸欠乏

  ● アルコール中毒 による摂取不足

  ●胃・小腸・回腸などの切除により吸収不足

  ●妊娠 造血亢進 悪性腫瘍 により、必要量が増え、足りなくなった場合。


悪性貧血の治療

現在はビタミンB12の非経口投与(筋肉注射など)で劇的に改善されます。


詳しくは中国労災病院検査科HP(図いりで詳しく説明)


ビタミンB12の必要性


ビタミンB12は、血液を造るのに欠かせない栄養素で、「葉酸」と補い合って働きます。


赤血球の産生や神経の働きに関与し、胃粘膜から分泌される
「内因子」という物質と結合して回腸から吸収されます。


悪性貧血の場合、胃粘膜の壁細胞に対する自己抗体の出現により
「内因子」分泌不全が起こりビタミンB12の吸収ができなくなります。


この結果、ビタミンB12の欠乏(=DNA(核成熟)合成障害)により造血障害がおこります。


ビタミンB12は、1日の必要摂取量が微量(2.4μg)です。


よほどの偏食をしない限り、不足は起こりません。


しかし、動物性食品(肉・魚・卵・牛乳など)にしか含まれないので、
肉を全く食べない菜食主義の人は、サプリメントなどで補給する必要があります。


また、胃全摘のあとにもビタミンB12の吸収障害が起こり、
肝臓でのビタミンB12の貯蔵がなくなると症状があらわれます。


大酒のみで栄養が極端に偏っている人、ある種のてんかんの薬を長期服用している人なども
葉酸欠乏から悪性貧血になります。


ビタミンB12による悪性貧血では、胃癌の合併が多いため
年1回は胃の検査を受けることをお勧めします。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.