骨髄以外でも血液が作られるの?

血液は骨髄で作られる骨髄造血説が定説とされています。その他、肝臓や脾臓、腸造血説もあるようです。

スポンサードリンク


血液は骨髄で作られるというのは、今、最も正しいとされ、病気の治療や栄養学の基になっているものです。


実際、白血病や、再生不良性貧血の方の治療として、骨髄移植が行われ、
手術の成功によって、多くのかたが健康を取り戻されています。


骨髄バンクへの登録も叫ばれていますが、まだまだ登録者が少ないのです。


骨髄で血液が作られるとされたのは?


1868年、ノイマンとビッズオセロという二人のユダヤ系の医学者が、
この学説を最初に唱えました。


1925年にアメリカのダン、カニング、セビングという3人の学者が
ニワトリ・ハトなどを使って、7日から10日間絶食にし、その後骨髄を割ってみたら
真っ赤に造血していたという実験を繰り返し、その研究結果から、


血球を生成する器官は骨髄(こつずい)や脾臓(いぞう)やリンパ節等であり、
ここで造血がなされいるのではないかという仮説を挙げ、
特に骨髄は、造血作用の大半を占めるという骨髄造血説を打ち出しました。


それが、現代医学の「定説」となっているのです。


骨髄以外でも血液が作られる


でも、体中のすべての骨髄で血液が作られるわけではありません。


生後間もない赤ちゃんは、全身の骨髄で血液を作っていましたが、
成長に伴って、血液をつくる骨髄が減ってくると言われています。


造血を中止した骨髄は、脂肪細胞へと変化します。
この骨髄は、黄色く見えるので、「黄色髄」と呼ばれています。


一方、ずっと造血を続けている骨髄は、脊髄(背骨)や胸骨にあり、
この骨髄は、赤い色をしているので、「赤色髄」と呼ばれています。


ずっと、造血を続けていることができるのは、
心臓に近くて、新鮮な血液が多くあり、温かいためであろうと考えられています。


胎児の場合、「卵黄嚢(らんおうのう)」という袋の中で、初めて血液が作られ、
その後は、脾臓や肝臓で作るようになります。


また、成人でも、がんなどで、骨髄がその機能を果たせなくなってくると、
脾臓や、肝臓でまた血液が作られるようになり、不足分を補うようになるそうです。


生命力のすごさを感じます!!


新学説!!血液は「腸」で作られる?!


血液は「腸」で作られるという腸造血説は、現代医学の定説となっている『骨髄造血説』を根底から覆すもので、血球は腸で造られるとし、食物が消化器で血液となるとした学説です。

この学説を唱えたのは、千島喜久男医学博士で、これを「千島学説」と言います。


千島学説と『腸造血説』
http://www.daitouryu.com/iyashi/jouketsu/jouketsu02.html

千島学説
http://www.chishima.ac/

これを、読むと、なるほど!!!と思うことがたくさんあります。

「医食同源!」東洋医学に近い考え方で、血液の素材は「食」ということになり、
健康も不健康も食生活次第ってことですね。

これが正しいと考えていくと、現世の様々な心や身体の病は総て
「食の世界の狂い」から生じているという結論が導き出されます。


人の身体は人知では計り知れないほど、ものすごく精巧に出来ています。
そして、今も、多くの学者が絶え間ない研究を続けています。


だから、いつ、今までの常識とされていた学説が覆されるかもしれませんね。

古代エジプトの人たちの方が、正しかった!という日がやってくるかも!!

学説のどちらが正しいかはともかく・・・

私たちが心がけることは、生活習慣を改善し、正しい食事をして、健康になりましょう!!



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.