母乳のもとは、お母さんの血液?

母乳はお母さんの血液が変化してできます。お母さんの食べた栄養分を子供に与えています。

スポンサードリンク


     
 母乳はお母さんの血液が変化してできています。お母さんの食べた栄養分が血液となり、母乳になるのです。
 
 でも、赤くないので、血液と全く一緒というわけではありません。

 
 母乳が白くなるのは、血液中のたんぱく質などの栄養素や白血球などの成分で、
 赤い色の赤血球は母乳の中に入らないからです。
 
 

母乳の出るしくみ


 
 
 妊娠すると、卵巣はホルモンの分泌をしばらく中断し、かわって胎盤が
 多量の「卵胞ホルモン」や「黄体ホルモン」を分泌しはじめます。
 
 2つのホルモンは赤ちゃんが生まれたときに、たくさんの母乳が飲めるように
 おっぱいをどんどん大きくしていくためのものなのです。
 
 そして、赤ちゃんが生まれるまでは母乳を出さないようにも働いてます。
 
 ほんとびっくりするくらい、大きく、でっかくなりますよね!!
 
 
 赤ちゃんが生まれて胎盤がなくなると、この2つのホルモンの働きが終わります。
  
 赤ちゃんがおっぱいを吸い始めることで、今度は脳の下垂体前葉から分泌される 
 催乳ホルモン(プロラクチン)が働きはじめて、母乳を作り、母乳の分泌します
 
 また、赤ちゃんが吸うと母乳の出がよくなるというのは、ぜん動様運動という
 哺乳運動によるおっぱいへの刺激で、「オキシトシン」というホルモンが
 出はじめるからです。
 
 

血液から母乳へ


 
 
 乳房の中にある分泌細胞のかべを拡大すると、毛細血管が張りめぐらされていて 
 この毛細血管のかべを作っている細胞のすき間から、血液の中に入っている
 栄養分が分泌組織にしみ出してきます。
 
 分泌細胞は、この栄養分を母乳につくりかえて空洞部の方へ分泌するのです。
 
  これが母乳の正体。
 
 赤ちゃんの免疫機能を高める成分が母乳にはあるというのもこのためなのです。
 
 
  詳しくは
 http://www.beanstalksnow.co.jp/sukoyaka/ganbaru/bonyu/shinpi2.htm
 
 

お母さんの病気が感染する?


 
 
 母乳は、血液からつくられていますので、
 お母さんの病気が血液を通じて感染する場合は、母乳は控えます。
 
 逆に、血液感染とは関係のない病気の場合、
 例えば、お母さんが風邪を引いた、お母さんに湿疹ができたなどの場合では、
 母乳を与えても構いません。
 
 

お母さんの食生活が大事

 こうして作られた母乳には、赤ちゃんを病気から守ってくれる免疫成分を
 はじめ、たんぱく質、脂肪、糖質などの栄養がたっぷり。
 
 
 もちろん、母乳の質はママの食生活にも密接な関係があるので、
 栄養バランスのとれた食事をとるように心がけましょう。
 
 
 残念ながら、これを食べれば母乳がたくさん出る!というものはありません。
 

 栄養バランスのよい食事を取ること!ストレスを貯めないことが一番です。
 
 
 特におすすめなのが、和食メニューです。
 
 
 海藻類や根野菜をたくさん取りましょう。
 脂っこいものや甘いものの取りすぎは、乳腺炎の原因になりますので、注意。
  
 
 また、授乳中は水分不足になりがちです。
 
 
 麦茶などで水分補給を心がけてください。
 コーヒーや紅茶はなるべく飲まない、アルコールは絶対に控えましょう。
 
  
 おかあさんは、特に血液さらさらになるような、生活習慣を心がけましょう!
 
 赤ちゃんの未来はお母さんの血液から作られると言っても過言ではありません
  
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.