世界の血液型の分布は?

アジアではB型が、アメリカではO型が、そしてヨーロッパではA型が比較的多く分布しています

スポンサードリンク


 
世界の主な地域。国のABO式血液型割合を見てください。
 
               A型    B型    O型    AB型
 
    日本           38%   22% 31%   9%
 
 ヨーロッパ(フランス)   46% 9% 42% 3%
 アジア(インド)       21% 41% 29% 9%
 アフリカ(ナイジェリア)  21% 29% 44% 6%
 南米(アルゼンチン)   5% 3% 92% 0%
 北米(アメリカ合衆国)   41% 10% 45% 4%
 豪州(西ウエスタン)     39%    0%   61% 0%

       (世界の血液型分布)
 
  * ただし、これが正確!というものではありません。
  * 統計ですので、調査をするたびにかなりの変動が見られます。
  * 大雑把な数値、あるいは傾向を示しているものと理解してください。
 
 
 世界の国々の血液型の頻度についてみると、
 
 アジアではB型が、アメリカではO型が、そしてヨーロッパではA型が比較的多く分布しています。 また、オーストラリア・西ウエスタンではB型、AB型がみられないなど、それぞれの地域・人種によって特徴がみられます。
 
 地域によって、血液型の偏りが大きいですね。
 
 
 ABO式血液型と民族の文化や民族性の間に関連性があるというのは、ある程度認められているようです。原因は、民族の移動によるものという説が有力です。
 
 世界の歴史と一緒に、血液型の分布を見るのもおもしろそうですね。
 
  
 ともかく・・・世界では、血液型についてはあまり関心がなく、自分の血液型を知らない人も多いそうです。世界では、あまり血液型性格判断や占いが広まらないのは、ここに原因があるのかもしれません。
 
 
 4つの血液型が、うまくバランスがとれている日本だからこそ、おもしろいのでしょう。
 
   
 血液型と民族性の相関関係はあると思います。でも、いわゆる「血液型性格判断」が正しいかどうかについては、私は、全人類をたった4つの性格にしか分類できないような説は信じてません。
 
 
 ちなみに、インディアンは100%「O型」ですからね。でも、いろんな性格の方がいますよね!きっと!(*^。^*)
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.