ザラザラ血液とは なに?!!

ザラザラ血液とはドロドロ血液のひとつのタイプで、血小板が集まって「ザラザラ」の固まりになり、血液の流れを滞らせます。

スポンサードリンク


 ザラザラ血液とはドロドロ血液のひとつのタイプです。

   
 ザラザラ血液は血小板が集まって「ザラザラ」の固まりになり、血液の流れを滞らせます。 

  

ザラザラ血液の原因

 
 あなたは思い当たることはありませんか?
 
 
 ◆ 朝食を食べないことが多い
 ◆ ケーキや和菓子など甘いものが大好き
 ◆ 缶コーヒーやジュースをよく飲む
 ◆ フルーツが好きでよく食べる
 ◆ お酒が好きで、飲み過ぎることが多い
 
 
 こういう生活を続けていると、一体どうなるのでしょうか?
 
 
 先日、友人が心筋梗塞で入院したという連絡がありました。
 
 彼は、45歳!働き盛りの元気もりもりの方!
 酒。タバコはいっさいとらないで、健康には気を付けている人が、なぜ?
 
 実は、酒。タバコの代わりに、甘いものには、目がなかったのです!
 そのため、若い頃に比べて、体重が1.5倍になっていたとか・・・
 
 その食習慣が、彼の血液を「ザラザラ」に変化させていたのでしょうね。
 
 

アルコールや糖分のとりすぎ


 
 
 アルコールや糖分の過剰摂取は血小板の凝集能と粘着能を高めます。
 その結果、血小板が集まって「ザラザラ」のかたまりになり、
 血液の流れを滞らせます。
 
 最近は男性だけでなく、若い女性にもこのタイプが増えてきました。
 
 

血小板とは?


 
 
 血小板(platelet PLT)は、血液に含まれる細胞成分の一種で、
 赤血球、白血球と共に「血球」の一つに分類されます。
 
 
 赤血球の7-9μm, 白血球 10-18μm に比較すると 1-4μm と小さく、
 顕微鏡で見ると見過ごされやすいぐらいの大きさです。
 
 
 骨髄中の巨核球(巨大核細胞)という細胞の細胞質がちぎれたもので、
 細胞質のみから構成されており、核を持たず、また形も不定形です。
 
 
 通常の血液中には、10万〜40万個/mm3程度。
 
 
 寿命は3〜10日。寿命が尽きると脾臓で破壊されます。
 
 

血小板の凝集能と粘着能とは?


 
 
 通常、血小板や血球や血管はマイナスの電気を帯びていて、
 隣りあっても反発しあい、くっつくことはありません。 
 
 
 しかし、ケガなどで血管が破れると、血液中の血小板は、傷口で活性化され、
 刺激物質により、血小板内の細胞骨格系が変化し、多数の長い突起を出し、
 金平糖のような形になるのです。
 
 
 それが、血管壁に粘着し、凝集し、血小板の塊を作って、止血しようとします。
 
 
 

血小板の凝集能と粘着能の機能亢進


 
 
 血小板の凝集能と粘着能は、生命維持にとても大切な働きです。
 この機能がないと、血が止まらなくなってしまいます。
 
 
 ところが、亢進しても困ったことになるのです。
 ケガなどの特別な要因がなくても、血小板どうしが固まって
 「ザラザラ」血液になるのです。
 
 
 アルコールの飲み過ぎ、糖分のとり過ぎなどによりこの状態が起こります。
 
 
 糖分をとり過ぎると肝臓での燃焼が間に合わず、
 「レムナント」という中性脂肪の燃えかすが大量にできてしまいます。
 
 
 これが赤血球の膜をもろくするため膜が破れてADP(アデノシン二リン酸)
 が放出され、これが血小板の凝集性を高めて
 「ザラザラ」血液にすることがわかりました。
 
 
 また、血小板は動脈硬化にも関係があります。
 
 
 血管壁に集まった血小板が、赤血球や白血球といったものを巻き込んで、
 血の塊である血栓を作ります。
 
 
 その血栓が次第に大きくなり、狭窄が来たり閉塞したりして、
 心筋梗塞や脳梗塞といったものに発展するわけですね。

 12月は、忘年会の時期!!
 
 
 普段は、食生活に気を付けて生活している人でも、
 宴会で、お酒やたくさんの高脂肪高カロリーの食事をする機会が増えます。
 
 
 暴飲暴食にならないように、自己コントロールが必要です!!
 
 
 つきあいも大事です!!
 でも、決して忘れないでください!血液とのつきあいは一生です!
 
 
 薬やサプリメントに頼る前に、まずは食生活から改善しましょう!
 
 
 あなたの血液をさらさらに!「オサカナスキヤネ食」のすすめ!
 
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.