血液の成分は?

血球 (有形成分)約45% と 血しょう (無形成分)約55%に分かれます。

スポンサードリンク


人の血液には、いろんな役目があり、その役目に応じた成分がふくまれています。

ここでは血液の代表的な役割と、そのつとめを果たす成分を見てみましょう。


血液の成分


血液を採り放置すると,自然に固まって、薄黄色い液体とに分かれます。

赤黒く固まった部分を血餅(けっぺい)
薄黄色い液体を血清(けっせい) といいます。

生化学検査などの場合は、この血清を使って行います。


でも、これでは、血球部分が固まってしまって、血球成分の検査はできません。

血液の成分を見るためには、
抗凝固剤 (血液凝固を阻止する薬剤) を加えた容器に入れておきます。

これを遠心分離器にかけると、大きく2つの部分に分けられます。

seibun.gif


血球 (有形成分)約45% と 
血しょう (無形成分)約55%に分かれます。

それぞれ人体の大切な役目を果たし
生命維持活動を行っています。


45%を占める細胞成分は、

赤血球 白血球 
そして血小板で構成されています。


血液の55%を占める液体成分
「血しょう」の91%は水です。
     

血しょうの働き


毛細血管の壁は非常にうすい膜なので、液体である血しょうがしみ出して
血管外に出ることができます。

1.動脈から毛細血管に入ると、赤血球が酸素を血しょう中に放す

2.血しょうが毛細血管外にしみ出して、細胞間をみたす組織液となる

3.細胞は組織液から酸素と養分を受けとり、二酸化炭素などの不要物をわたす

4.不要物を受けとった組織液が毛細血管に帰ってきて血しょうとなり、静脈に入る

ですから、血しょう中には、タンパク質、無機塩類、脂肪、ホルモン、
糖などを含んでいて栄養に富んでいます。

タンパク質には凝固因子や免疫に関わるグロブリンやアルブミンを含んでいます。


血しょうは、また、水分の貯蔵庫としての役目があります。
組織に水分が不足していれば補給し、余分になると吸収します。


つまり、体内の組織に水分が足りなくなると、まず血漿が供給源になります。
血漿は血管を満たして絶えず流れていることにより、
血管がつぶれたり詰まったりするのを防ぎ、
血圧と全身の循環を維持するのに役立っています。


また血漿は、温める必要のある部分に体内の組織から熱を運んだり、
腕、脚、頭などの熱が逃げやすい部分を流れることで、
必要に応じて体を温めたり冷やしたりするという役割も担っています。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.