血液は、みんな赤いの?

血液の色は赤色だけではありません。緑色・青色・無色もあるのです。

スポンサードリンク


   

「血液」と言えば、「赤色」と出てきますね。


赤い血液


人間の血が赤いのは、ヘモグロビン中の鉄分が酸素を運ぶために
酸化されたために、赤くなっているのです。


魚、カエル、鳥、は虫類、ほ乳類などの背骨がある動物は、ほとんどみんな、
血液にヘモグロビンをもっていて、血は赤い色をしています。


どぶ川にいる赤いユスリカ、アカガイ、ゾウリムシなどにも、
へモグロビンがあります。


赤くない血液


けれども、蟹や海老などの魚介類や昆虫等の血液は、青い色をしています。

彼らは、酸素を「ヘモシアニン」という銅で運びます。
銅は酸化されると、酸化銅となり、青くなるのです。


ホヤやミミズに似たゴカイのような生物の血液は緑色です。、

酸素をバナジウムで運ぶために、バナジウムが酸化された緑色です。


他にも、無色透明の血液を持つ、動物もいるとのこと!!


血液が酸素を運ぶ


人間は、肺でとり入れた酸素を、血液が体内に運んでいます。

ミミズは、体の表面から皮ふ呼吸で酸素をとり入れています。

こん虫は、腹部のあなからとり入れた酸素を、血液が体内に運んでいます。

貝はえらから水にとけた酸素をとり入れていますが、
体内に酸素を運ぶのは血液と同じはたらきをする体液です。

赤い色はしていないけど、どの動物でも、
血液が酸素を体内に運ぶはたらきをしています。


こん虫やイカ、タコなどは、手足をちぎられても、体を切られても、
血が出てこないように見えるのですが、
実は、血液が青いために、ほとんど気がつかないだけだったのですね。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.