MCV・MCH・MCHCとは?

MCV・MCH・MCHCとは赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値から計算する平均赤血球恒数で、貧血の診断に役立ちます。

スポンサードリンク


「血液一般検査の項目で、MCV・MCH・MCHCとは何ですか?何を調べているのかが、よくわかりません。」

という、質問をよく受けます。

 
赤血球数や白血球数というのは、わかりますが、
この略号は不可解ですよね。


MCV・MCH・MCHCとは、

貧血があるかどうかを決める時に必ず調べる項目。
赤血球数・血色素(ヘモグロビン)量・ヘマトクリット値
この3種類の検査の結果から、赤血球の質的な変化を知ることによって、
貧血の大まかな分類と診断ができるのです。


MCV・MCH・MCHCの計算方法


1.平均赤血球容積(MCV)

  = ヘマトクリット値 / 赤血球数 × 10 

   ヘマトクリット値、つまり容積を 赤血球数で割ったもので、
   赤血球の1個あたりの容積の平均値です。
   赤血球の大きさの判断に役立つ指数です。

2.平均赤血球色素量(MCH)
 
  = 血色素量 / 赤血球数 × 10

   一定量の中の血色素量を、赤血球数で割ったもので、
   赤血球の1個あたりのヘモグロビン量の平均値です。
   

3.平均赤血球血色素濃度(MCHC)
 
  = 血色素量 / ヘマトクリット値) × 100  

   個々の赤血球の容積に対する血色素量の比を%で表したもので
   血色素濃度の高低、すなわち低色素性、高色素性の程度を示します。

測定した3つの項目の検査結果と、この3つの計算式によって

血液中の赤血球の状態や機能・能力を推測するという訳です。


MCV・MCH・MCHCの基準値


MCV  男性:84.9〜99.6   女性:80.6〜98.7  (fl )

MCH  男性:27.5〜32.3   女性:25.0〜31.9  (pg)

MCHC 男性:31.2〜33.8   女性:30.3〜33.4  (g/dl)


貧血の分類


「平均赤血球恒数」をもとにして、貧血を大きく4つに分類できます。

rbc1.jpg



1.正球性正色素性貧血  MCV、MCH 正常範囲

 ●急性失血 ●溶血性貧血 ●骨髄造血障害 ●腎性貧血


2.小球性正色素性貧血  MCV<81.0、MCH<29.0

 ●鉄芽球性貧血 ●サラセミアなどのヘモグロビン合成異常 
 ●無トランスフェリン血症などの代謝異常

3.小球性低色素性貧血 

 ●鉄欠乏性貧血(緩やかな出血が持続した場合も含む)
 ●慢性炎症に伴う貧血

4.大球性高色素性貧血   MCV>97.0、MCH >32.5

 ●ビタミンB12欠乏症 ●葉酸欠乏症 ●核酸代謝障害


あなたの赤血球は、どうでしたか?ちゃんと正常な形状をしていましたか?


もし、この数値が報告されていなくても、自分で計算すれば求められますから
計算して、自分の赤血球の状態を把握しておきましょう!


赤血球数が基準値内だからと言って、安心はできません。
一個が、小さいために貧血になっているということも十分にありえることです。

特に、女性の場合は気をつけましょう!!



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.