おせち料理は血液サラサラ料理

お節料理は血液サラサラ料理!おせち料理の意味と内容について紹介します。

スポンサードリンク


    
お節料理は、意外にも、血液サラサラ料理!!

ただし、保存性を高めるために、塩分が高めになっているので食べ過ぎないように。


 
 黒豆、かまぼこ、紅白なます、田作り、栗きんとんなど・・・
 
 おせち料理が現在のような形になったのは江戸時代の後半です。
 いわゆる『おせち料理』の歴史は200年余り。結構、新しい文化なんですね。
 
 
 

おせち料理の由来


 
 
 おせち料理は、江戸の粋やユーモアを凝縮した庶民文化。
 
 
 そもそもの由来は正月の節供料理で、宮中の「お節供(おせちく)」の行事。
 
 お節供は文字を見るとわかるように節日に神に供えたものです。
 
 
 宮中では1月1日、7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日といった
 節日には神に神饌(しんせん)を供え祭り、宴をひらきました。
 
 
 このように、おせち料理は宮中のしきたりが民間に広まったものですが、
 やがて正月にふるまわれる御馳走だけが、『おせち料理』と
 呼ばれるようになりました。
 
 
 そしてそれらは、その土地や時代によって変化していったのです。
 お重箱の中には、庶民の心意気が詰まっているのですね。
 
 
 また、『おせち料理』を作りおきするのは、
 お正月に女性を休養させるためとも言われています。

 
 お正月は年神様をお迎えし、おまつりする儀礼です。
 
 料理を作りおきするのは、年神様がいらっしゃる間に煮炊きすることを慎む。
 ということから由来しているといいます。
 
 
 父の郷里でも、元旦は、女性は台所に入ることができませんでした。

 家長が、かまどに火入れして、雑煮を作り、
 新しい一年の無病息災を祈願していました。
 
 今はもうそんな風習も残っていないようです。
 
 

おせち料理の意味


 
 
 『おせち料理』の名前には意味があります。
 
 ● 黒豆   まめ(健康)に暮らせるように
 
 良質なたんぱく質を含み、「畑の肉」とも言われる大豆。
 イソフラボンは乳がんのリスクを下げ、骨そしょう症を予防する。
 
 黒い色はアントシアニンという成分。
 細胞を傷つける活性酸素を除去する抗酸化作用がある。血液さらさら効果!
 
 民間伝承で「風邪に黒豆の煮汁」と言われるが、
 煮汁のビタミンB2には粘膜の保護作用がある。
 
 
 ●数の子 子孫繁栄
 
 血液を作るB12などがある。
 イクラ、筋子などの魚卵は塩分とコレステロールが高いので、
 食感を楽しむ程度にしておきましょう。
 
 
 ● 田作り 豊年豊作祈願(江戸時代の高級肥料として片口いわしが使われた)
 
 骨ごと食べるのでカルシウムが取れる。
 高齢になると味覚が鈍くなることがあるが、
 味覚を正常にするのに役立つ亜鉛が含まれている。
 
 
 ● 昆布   よろこぶ
 
 カリウム、カルシウムが豊富。カリウムは塩分の排出を促し血圧を下げる作用。
 
 
 ● 里芋   里芋は子芋がいっぱいつきます。子宝にめぐまれるように!
 
 カリウムを含む。
 
 また、「煮しめ」は、コンニャクを始め、サトイモ、ニンジンなど
 食物繊維がたくさん取れる。
 干しシイタケに含まれるエリタデニンにはコレステロール低下作用。

  
 ● 紅白なます  お祝の水引きをかたどったもの
 
 大根が含むアミラーゼはでんぷんを分解し消化を助ける。
 ニンジンに多いカロチンには抗酸化作用がある。
 
 
 ● 紅白蒲鉾  蒲鉾は初めは竹輪のような形をしていました。
 
 江戸時代に、様々な細工蒲鉾が作られるようになると、
 祝儀用としてかかせないもの。
 紅白のおめでたい彩りから、おせちの定番になったのでしょう。
 
 白身の魚をすり身にしたものなので、良質のたんぱく質を含む
 
 
 ●伊達巻き   「伊達」とは華やかさ、派手さを形容します。
          華やかでしゃれた卵巻き料理。
 
 お正月のお口取り“晴れの料理”として用いられました。
 語呂合わせや子孫繁栄の祈りというより、色や形からおせち料理に加えられた。
 
 伊達巻きは、蒲鉾を作る際、つなぎに卵白を使用しますが、
 黄味の部分が余ってしまうので、それを活用するために考えだされたもの。
           
 名前については他説があり和装の「だてまき」に縞模様がにているからとか!
 
 白身の魚をすり身にしたものと卵で作るので、良質のたんぱく質を含む
 
 
 ● 栗きんとん  現在の形になったのは明治時代と言われています。
         「金団」とは黄金の団子という意味です。
 
 名前の語呂合わせではなく見た目の“黄金”の色合いが豪華に見える様子から
 おせちの定番になったものと思われます
 
 サツマイモも栗(くり)もビタミンCが豊富。
 食物繊維も多いが、カロリーが高いので、食べ過ぎに注意!
 
 
 ● 鯛(タイ) めでたいに通じる語呂合わせ。
 
 江戸時代にはじまった七福神信仰とも結びついた。(恵比須様)
 
 良質のタンパク質。
 
         
 ● 橙(ダイダイ) 代々に通じる語呂合わせ。子孫が代々繁栄するように!
 
 ビタミンCが豊富
 
 
 ● 錦たまご 卵の白味と黄味をわけて、ニ色でつくった料理の二色(ニシキ)
 
        おめでたく豪華な錦との語呂合わせ
 
 良質のタンパク質
 
 
 ● 金平ごぼう  江戸初期に誕生したごぼう料理。強さや丈夫さを願った
 
 当時、坂田金平武勇伝が浄瑠璃で大ヒット。豪傑金平にちなんで、
 この滋養たっぷりのごぼう料理を金平ごぼうと呼ぶようになりました。
 
 食物繊維がたっぷり!!
 
 
 こうみてくると、お節料理は、血液サラサラ料理なんですね〜!!
 
 ただし、保存性を高めるために、塩分が高めになっています!!
 
 十分気をつけて、食べてくださいね!!
 
 
 

重詰の重ね方と中身について


 
 
 これらの料理が、お重に詰められています。
 
 
 一の重(祝肴)二の重(なます)三の重(口取)与の重(焼物)五の重(煮染)
 
 
 本格的な重詰は、五段重ねか与の段と別に控重を用意するのが正しいようです。
 
 
 また、詰め方としては、ぎっしり詰めて盛る重詰形式と、
 二品か三品くらいを裏白、南天、ゆずり葉を敷いて余裕を持って盛る重盛形式
 
 
 一般的には、味が重ならず補充も効き易いので重盛形式の方が実用的。
 
 

お雑煮


 お雑煮は、元旦の朝に作るものでなく、暮れの31日までに下準備をしておき
 正月に手間をかけずに仕上げられる料理です。
 
 
 この雑煮は、江戸時代中期ごろからなんでも雑多に煮るものとして始まり、
 そのため地方ごとに特色のある独特の雑煮が出来上がったのです。
 
 
 一般的に清まし汁と味噌仕立てがあり、
 関東地方では清まし汁、関西地方では味噌仕立てとなっているようです。
 
 

各地の代表的な例


 北海道・・・清まし汁、切り餅、すじこ、ネギ、鮭の切り身など
 
 宮城・・・清まし汁(ハゼで取った出し汁)切り餅、
      おひきな(大根を凍らせた)蒲鉾、せり、大根、人参など
 
 東京・・・清まし汁(昆布と鰹で取った出し汁または鶏のスープ)、切り餅
      蒲鉾(またはちくわ)、みつば(または水菜)、鶏のささみなど
 
 長野・・・清まし汁、のし餅、大根、里芋、人参、干瓢、凍り豆腐など
 
 三重・・・味噌、焼いた鏡餅、大根、小芋など
 
 京都・・・白味噌、丸餅、大根、里芋、焼豆腐など 、
      京都でも清まし汁のところもあるそうです。
 
 大阪・・・元旦、3日/味噌、大根、小芋、人参、
      2日/清まし汁、焼いた丸餅、水菜など
 
 岡 山・・・清まし汁、丸餅、なま鮭(またはぶり)蒲鉾、海苔、ほうれん草
 
 香川・・・白味噌、あん餅(塩味のつぶあん)、大根、小芋、人参など
 
 鹿児島・・・白味噌、切り餅、大根、青ネギなど
 
 
 お正月を祝うおせちやお雑煮は、古来からの知恵と共に
 収穫物への感謝の気持ちを込めた美しい伝統です。
 
 これからも伝統や風習を大事にして次の時代に語り伝え、
 より豊かな環境をはぐくみ育てていきたいものですね。
 
 
 あなたのお宅では、お節料理を作りますか?
 
 わたしは、雑煮、紅白なます、栗きんとん、伊達巻きを作りましたよ!!



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.