ABO式血液型とRh式血液型の違い

Rh血液型の抗体はABO血液型の抗A、抗B抗体のように血液中にあるものではなく、D因子を持っていないという意味です。

スポンサードリンク


A型抗原やB型抗原に対する抗体は、血清中に初めから持っていますが、
Rh(D)型抗原に対する、抗D抗体は後から作られます。


Rh血液型の抗体(Rh陰性の人が持つ抗体)は、ABO血液型の抗Aあるいは
抗B抗体のようにもともと血液中にあるものではありません。

Rh(−)の人はRh(−)という型を持っているのではなく、
D因子を持っていないという意味です。


輸血(Rh陰性の人にRh陽性の血液を輸血)や
妊娠(Rh陰性の女性がRh陽性の児を妊娠)によってつくられます。


Rh陽性「Rh(+)」とDプラス「D(+)」、Rh陰性「Rh(-)」とDマイナス「D(-)」は
それぞれ同じ意味で使われています。 


Rh血液型(D抗原)は、他の血液型に比べてとても抗体(抗D抗体)をつくりやすい
という特徴があります。


Rh陰性の人にRh陽性の血液を輸血するとどうなるか?



人の体は自分自身が持たないもの(異物)が侵入すると、
免疫によりそれを排除する働きがあります。


Rh陰性の人の赤血球上にはD抗原(物質)がないので、
そこへ赤血球上にD抗原(物質)があるRh陽性の血液を輸血すると、
異物であるRh陽性の血液を排除する抗D抗体と呼ばれる物質が体の中で
作られます。


この抗D抗体は次にRh陽性の血液が輸血されると、
Rh陽性の赤血球上にあるD抗原を排除する働きをし、
その結果赤血球を破壊します。


このとき体内で起こる免疫反応でショックを起こし、最悪の場合は死亡します。


しかし、この現象はRh陰性の人が初めて輸血を受けた時は起こらず、
2回目以降に起こります。


今は、輸血の前には必ずRhの血液型検査を行い、
Rh陰性の人にはRh陰性の人血液を輸血する体制が取られているので
このような事は起きません。


余談ですが、Rh陽性の人にRh陰性の血液を入れても何の問題も起きません。


なぜなら、D抗原のあるRh陽性の人にD抗原のないRh陰性の血液を輸血しても
異物を排除す免疫は働かないからですね。

  


スポンサードリンク

Rh式血液型の遺伝



Rh式血液型を決める遺伝子は、第1染色体上にあるRHD遺伝子です。


RHD遺伝子はD因子を作る遺伝子で、両親から1つずつもらって、一対になっています。

遺伝因子型 表現型
dd Rh(-)
Dd Rh(+)
DD Rh(+)


遺伝因子のdは劣性ですので、ddと二つそろわないと
Rh式血液型は(-)陰性になりません。


遺伝因子型がDDの場合には当然Rh(+)になりますが、
遺伝因子型がDdの場合にもRh(+)になります。


両親ががRh(+)であってもRh(-)の赤ちゃんが生まれることもある



遺伝因子型 子供遺伝因子型
Dd DD、Dd、dd
Dd
DD DD
DD
DD DD、Dd
Dd
Dd DD、Dd
DD
dd dd
dd


両親がRh(+)であっても、両者とも遺伝因子型がDdの場合には、
子供の遺伝因子型はDD、Dd、ddの3通りが起こりえます。


ですから、Rh(-)の赤ちゃんが生まれる可能性があるわけです。


両親がRh(-)の場合は当然児は全てRh(-)になるのですが、
Rh(-)の人が少ない日本人の場合は、
両親がRh(+)で出生することが多いのです。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.